iPhoneの電話をiPadに転送してiPadで通話する方法

iOS 8ではiPhoneにかかってきた電話をiPadに転送してiPadで電話を行うことが出来ます。これを行うメリットとしてはiPadのスピーカーから相手の音声が聞こえるため、 会話の音質と音量がiPhoneより良く、iPhoneと変わらない感覚で通話できることです。

 

iPhoneの電話をiPadに転送

iPhone-電話転送-iPad

 
必要なものはiOS 8以降を搭載したiPhoneとiPad、およびWi-Fi環境となります。

 
環境

-iPhone 6 Plus(iOS8.1.2)

-iPad Air 2 with Cellular (iOS8.1.2)

-IEEE 802.11ac

 

iPhoneとiPadをWi-Fiに接続

 
iPhoneとiPadを同一のWi-Fiネットワークに接続します。次にiPadの設定を行います。iPadの設定アプリを起動し、“FaceTime”の項目をタップします。その後、“iPhone Cellular Calls”をONにします。iPhoneの設定は特に必要ありません。

 
iPhone-電話転送-iPad-2

 
設定はこれだけです。もしiPhoneからの着信をiPadに転送したくないときはこの設定をOFFにしてください。この原理はiPhoneにCDMA2000もしくはW-CDMA、LTE等で受信した音声データをiPhoneが受信し、リアルタイムでエンコードしてWi-Fi経由でiPadに転送しているのでしょう。

よろしければシェアお願いします!