iPhoneやiPadのアプリを自動でダウンロードさせない方法

今回はiOS8のおせっかい機能の1つであるアプリの自動ダウンロードの停止方法を書きましょう。iOS8では同じApple IDの他のデバイスで、購入または入手したアプリを自動的にダウンロードする機能が搭載されています。しかし、ユニバーサルアプリであっても「このアプリはiPadだけで使いたいのに勝手にiPhoneでダウンロードしないで〜。」と思うこともしばしば。この方法は電池持ちにも影響してくるので、覚えておくといいでしょう。

 
環境

・iPhone 6 Plus (iOS8.3)

 
まず設定アプリを開き、iTunes & App Storeをタップします。

 
iPhone-Automatic-Download-1

 
ここで「自動ダウンロード」を全てオフにします。この設定なら勝手にアプリのアップデートがされることも無いのでお勧めです。自動的にアプリをダウンロードするということは、定期的にバックグラウンドでアップデートの確認とダウンロードを行っているということなので当然バッテリーをより多く消費してしまいます。基本的にはオフにしておくのが無難ですね。

 
iPhone-Automatic-Download-2

よろしければシェアお願いします!