iPhoneをポイントカードの代わりにするメリット

いろんな店で買物をすると溜まってくるのがポイントカード。その管理はけっこう大変ですが、iPhoneのアプリには各社のアプリケーションをインストールすることで、一部のポイントカードをiPhoneに集約することができます。今回はポイントカードをiPhoneに集約するメリットを書いてみましょう。

 
環境:iPhone 6s Plus(iOS9.1)

 
iPhone-ポイントカード-1

 

各社独自のネイティブアプリケーションをApp Storeに公開しているのでインストールします。私は東急ハンズ、無印良品そしてヨドバシカメラ等のアプリケーションをiPhoneにインストールしています。アプリを起動するか、ブラウザで各社のウェブサイトで登録を行います。(各社で登録方法や利用方法は異なる場合がありますので、詳細はここでは割愛します。)

 
一度登録してしまえば、通常のポイントカードのようにiPhoneに各社のポイントカードのバーコードを表示することが出来ます。つまりiPhoneがポイントカードになるということ。

 
iPhone-ポイントカード-2

 
メリットはなんといっても管理が楽になることですね。たとえポイントカード本体を紛失したとしても、iPhoneにアプリが残っていれば問題ありませんからね。会員情報は1PasswordやEvernoteに記録しておけば問題無いでしょう。セキュリティの問題から1Passwordを私は推奨します。

 
もう1つ忘れてはいけないのが、財布の中身がすっきりするところ。私はレザー製の2つ折タイプを愛用していますが、ポイントカードが大幅に減ったので厚みが減ってとてもすっきりしました。分厚い二つ折りの財布だとちょっと格好悪いですからね。

 
iPhone-ポイントカード-3

 
あとがき

 
私はミニマリストでは無いですが、なるべく持ち物を減らしたい私としてはポイントカードをiPhoneに集約することを推奨しています。これで「ポイントカードを忘れた!」なんてこともなくなるのでおすすめです。アプリの数は昔より増えたのも嬉しいところですね。

よろしければシェアお願いします!