iTunesのプレイリストをバックアップする方法

本記事ではiTunesのバックアップを取得する記事を記述します。

 
なぜバックアップが必要なのか?

 
◯iTunesのプレイリストを作るのは大変時間がかかり、万が一iTunesのプレイリストのデータが飛んだときにすぐ復旧できるようにするため。私のiTunesライブラリは8000曲を超える楽曲が保存されており、選曲はなかなか一苦労です。そのためプレイリストはとても重要なのです。

 
◯私はMacのデータはTime machineでバックアップをとっていますが、いちいちTime Machineから取り出すのは面倒です。また、Evernote等のクラウドサービスに保存すれば万一Time Capsuleが壊れてもクラウドから復元できるためリスク低減に繋がります。

 
では以下に方法を示します。

 
私の環境
MacBook Pro Retina Late 2013(OS X 10.9.5)
iTunes ver.11.4

 
まずiTunesのプレイリストを開き、バックアップをとりたいプレイリストをクリックします。そして、「ファイル」>「ライブラリ」>「プレイリストをエクスポートする」を選択します。

 
iTunes-Backup-1

 
iTunesのバックアップファイルはテキストデータとして保存されます。場所は適当でいいですがここではデスクトップに保存しています。ファイル名はプレイリストの名前となります。

 
iTunes-Backup-2

 
これでプレイリストのデータがテキストデータとして保存されました。このファイルがiTunesのプレイリストのバックアップとなります。

 
iTunes-Backup-3

 
ここではさらに応用してEvernoteに保存することとします。Evernoteの保存は、テキストファイルをノートにドラッグアンドドロップするだけです。私はノートのタイトルを「iTunesのバックアップ」等のわかりやすいものにしておきます。これは後々Evernoteで検索しやすくするためです。

 
iTunes-Backup-4

 
最後にiTunesのプレイリストのインポート方法を書いておきます。「ファイル」>「ライブラリ」>「プレイリストをインポートする。」を選択し、プレイリストのテキストデータを選択するとプレイリストを読み込むことが出来ます。

 
iTunes-Backup-5

 
あとがき

 
私はiTunesのプレイリストを過去に何度か吹き飛ばしたことがあり、そのたびに1から構築していました。この方法だとiTunesのデータベースを復元するのも少しは楽になるかと思います。

 
いちいちプレイリストを作るのは時間の無駄なので、最近は全てのプレイリストのデータをEvernoteにを保存しています。もちろんEvernoteだけでなく、Dropbox等に保存するのもありです。私はEvernoteの方が好きなのでEvernoteを使用しています。

よろしければシェアお願いします!