iTunesのプレイリストをバックアップする方法

本記事ではiTunesのバックアップを取得する記事を記述します。

iTunesのバックアップをとる理由

 
-iTunesのプレイリストを作るのは時間がかかります。万一iTunesのプレイリストのデータが消えたときすぐ復旧できるようにするためです。

 
-私はMacのデータをTime Machineでバックアップをとっていますが、Time Machineから取り出すのは面倒だし、Evernote等のクラウドサービスに保存すれば万一Time Capsuleが壊れてもクラウドから復元できるためリスク低減に繋がります。

 
環境

-MacBook Pro Late 2013(OS X 10.9.5)

-iTunes ver.11.4

 

iTunesのバックアップファイルの作成

 
iTunesを起動して、バックアップをとりたいプレイリストを選択します。次に「ファイル」>「ライブラリ」>「プレイリストをエクスポートする」を選択します。

 
iTunes-Backup-1

 
iTunesのバックアップファイルはテキストデータとして保存されます。場所はデスクトップでいいでしょう。ファイル名はプレイリストの名前となります。

 
iTunes-Backup-2

 
プレイリストのデータがテキストデータとして保存されました。このテキストファイルがiTunesのプレイリストのバックアップ となります。

 
iTunes-Backup-3

 
応用してEvernoteに保存します。Evernoteへの保存はテキストファイルを ノートにドラッグアンドドロップするだけです。私はノートのタイトルを「iTunesのバックアップ」等のわかりやすいものにしておきEvernoteで検索しやすくしています。

 
iTunes-Backup-4

 

iTunesプレイリストのインポート

 
iTunesのプレイリストのインポート方法を書きます。「ファイル」>「ライブラリ」>「プレイリストをインポートする。」を選択し、プレイリストのテキストデータを選択するとプレイリストを読み込むことが出来ます。

 
iTunes-Backup-5

よろしければシェアお願いします!