ランニング

2022年 Apple Watchと250キロ走ったときに便利だったアイテム5選

どうもみなさんこんにちは。まきしです。今回の記事では2022年食べまくったせいで太った自分が、2022年に250キロ走ったときに便利だったアイテムを書きます。

以前の記事でも書きましたが、仕事の合間の間食や運動不足で1年で5キロ以上体重が増加しました。。しかし3ヶ月走り続けること、つまり有酸素運動で増えた体重を戻すことができました。

今回走り込むことで楽しく走るために5つのアイテムが便利だったのでご紹介します。

ウエストポーチ

私はiPhone 12 Pro MAXでYouTubeをラジオがわりに聞きながらランニングをしています。そのため、iiPhone 12 Pro MAXやAirPodsをランニングの邪魔にならずに収納できるモンベルのウェストポーチを愛用しています。

本体は超軽量で10キロ走っても腰が痛くならず満足しています。超軽量なのでおすすめ。

created by Rinker
Mont-bell(モンベル)
¥1,980 (2023/10/01 17:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

Apple Watch

これがないとランニングしたく無いです。Apple Watchはランニングをする上で革命的な存在だと思います。走行中の心拍、ペースはもちろんVO2MAXも測定できる優れもの。

GPSロガーでどのコースを走ったかをiPhoneと同期できるのも良い。もちろん単体で音楽も聴けるし何かと潰しが効きます。iPhoneと組み合わせるスマートウォッチはぶっちゃけApple Watch一択です。

ランニングシューズ

足にあったランニングシューズはランニングで必須です。スニーカーで走ると足を壊すので必ずランニングシューズを買いましょう。私はニューバランスのものが気に入っていて2年に1回くらい買い替えてます。(2年くらいで壊れるので)

ランニングシューズは基本非防水なので、雨の日以外に外で使いましょう。雨の日はジムで走るのがおすすめです。

AirPods(AirPods Pro)

ランニング中は好きな音楽や動画、Podcastなどを聞きながら走るのが良いです。と言うのも、1時間弱環境音だけはランニングの飽きの原因になります。私はYouTubeでお気に入りのプレイリストをセットしておき、聴きながら走っています。

ただし、音量の上げ過ぎで周りの音が聞こえないレベルはやめましょう。注意散漫になり危険です。音量はほどほどに。

意外なもので、走っている最中は集中しているのか意外と内容を覚えているので走りながらの勉強も良いですよ。私はAirPodsを使いながら走っています。掛け心地も良くておすすめです。

「音楽を聴きに行くか」というノリでランニングを始めると続けやすいのでおすすめです。

ランニングタイツ

ランニングタイツもできれば履いた方が良いです。ランニング中の膝への負担は体重の3倍とも言われるので膝を痛めないようにサポーターはあった方が良いです。

私はワコールのサポーターをつけていますが、ほんと楽になりました。走っても膝への違和感がなく毎日走ってもオッケーになりました。

大会などではこれが無いと10キロ以上は結構きつい感じです。毎日走るならサポーターは必須です。

快適に走ってやせましょう。

ここ数ヶ月ランニングを続けて思ったことは走るのが最高に楽しいと言うことです。慣れればじっとしているより5キロ走った方が疲れが飛ぶのでオススメですよ。

1年間でトータル10キロくらい痩せることができたので、ランニングによる有酸素運動は効果が絶大かなと思いました。毎日走って少しづつ軽くなっていくのは自信が付きますね。

ランニング後はプロテイン補給もお忘れなく!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品とルアーフィッシングを中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-ランニング
-,