ウマ娘

【ウマ娘】育成が簡単で育てやすいキャラクター7選を解説。

どうもみなさんこんにちは。まきし(@Maxy_Ringo)です。話題のウマ娘、皆様やっていますでしょうか。今回は、ウマ娘でめちゃめちゃ育てやすい6人を書いていきます。

以前別の記事でも書いたのですが、ウマ娘というゲームは難易度がめちゃめちゃ高いゲームです。適当にやっていても勝てないくらい難しいゲームです。だけどその難易度の高さが面白さでもあります。

しかし、中には「製作者が意図的に難易度を下げたんだろうな」というくらい育成が簡単なウマ娘がいます。「どうしてもURAファイナルズで優勝できない!」という方はぜひこの記事を参考にされてください。

ウマ娘プリティーダービーとは?

ウマ娘プリティーダービーとはCygamesが開発するスマートフォン向けのアプリです。ウマ娘を正確に説明するならば、アニメやマンガ、ライブといった他のメディアと組み合わせてアプリも出しているいわゆるメディアミックスの作品となっています。

2021年の国内市場におけるスマートフォン向けアプリでは日本一の売上を維持しており、2021年のスマートフォンアプリはウマ娘なしでは語れないでしょう。

iOS版スマートフォンアプリのリンクはこちら:

https://apps.apple.com/jp/app/ウマ娘-プリティーダービー/id1325457827

アニメは2021年5月現在、1期と2期が放送されています。視聴した感想としては、実際の競馬とも遜色のないレースの盛り上がりと史実に基づいたストーリーを再現しており競馬を知らない人でも盛り上がれるし、競馬を知っている人はさらに熱くなるような素晴らしい作品となっています。

このブルーレイが売れない時代に第2シーズンの1巻のブルーレイが11万枚売れたほどの注目の作品なので、Amazon Primeなどでぜひ一度ご覧になってください。

 

サクラバクシンオー

サクラバクシンオーは最も育成が簡単なキャラクターです。育成のコツは特に無いです。スピードトレーニングをして、たまにパワートレーニングをするだけである程度のんびり育成してもゲームクリアできます。

 

 

作戦は逃げと先行が得意ですが、逃げを選択すると安定します。URAファイナルズをクリアするには、スピード800以上パワー600以上を目指せば優勝できます。

サクラバクシンオーの欠点としては、短距離とマイルが得意なのでファン数を他の中・長距離向けウマ娘と比較して稼ぎにくいくらいでしょうか。しっかりと育てれば、チームレース場でも短距離のエースになれますのでずっと使えるキャラクターでしょう。

 

マルゼンスキー

マルゼンスキーは史実でも超強力なウマ娘でした。作戦は逃げ中心ですが、短距離から長距離までほとんどの距離で戦える超強力なウマ娘です。逃げでの強さを比較すればセイウンスカイと同等かそれ以上に強いです。

 

マルゼンスキーの良い点は固有スキルがほぼ確実に発動するところですね。育成ではマイルと中距離が中心なのでURAファイナルズ優勝を目指すのであればスタミナは500あれば良いです。

あとはスピードとパワーをそれぞれ800を目指して育成すればURAファイナルズ優勝も楽勝です。また、逃げのウマ娘は賢さも高いと事故が少なくなります。具体的には賢さは500以上あれば良いですが、賢さに振る余裕がないときはスピードとパワーに降れば良いです。

 

エアグルーヴ

女帝エアグルーヴも強力なウマ娘です。主にマイルと中距離で戦えます。最も重要なパワーとスピードが伸ばしやすいので単純に育成しやすいです。

 

育成目標で天皇賞春や有馬記念などのややこしいものが無いので、マイル向けにスピードとパワーをそれぞれ800以上を目安に、スタミナは400以上+回復スキルがあればURAファイナルズ優勝も楽勝でしょう。

悩むのが作戦先行か差しかでいくかということですが、それは好みで良いです。パワーが強めで中距離で戦うなら差しのほうが良いです。

ただ固有スキルがやや発動しにくいので、マルゼンスキーと比較すると少し癖があります。そのためステータスは高めに持っておくとURAファイナルズでも余裕で勝てます。

裏技として、因子で短距離をAにすると貴重な短距離担当としても活躍できますのでおすすめです。

 

メジロマックイーン(ただし黒マックの方)

TVアニメでもおなじみのメジロマックイーンです。ただし新衣装の白マックは弱いので、黒マックを使いましょう。

 

黒マックの固有スキルがほぼ最強です。「レースの最終コーナーで前にいるが」条件なので先行または逃げの作戦だとほぼ確実に発動します。これでラストスパートでスピードが一気にあがる強力なのスキルです。

マックイーンは中・長距離のウマ娘なので、日本ダービーやジャパンカップ、天皇賞、有馬記念などのファン数を大きく稼げるレースに出れるのでサークルでファン数を稼ぎたい人の集会にも良いです。

なお、天皇賞春は3200mのレースなのでスタミナを600くらい確保していると安定します。3年目の天皇賞春がこのゲームである意味1番難しいレースですので、たいていここで詰むことが多いです。

唯一気になる点は、本音では作戦「逃げ」で使いたいのに先行のスキルばかり覚えるので、逃げで本格運用したい場合はSSRのサポートカードが結構必要です。私は先行の作戦で運用しています。

 

ウォッカ

マイル・中距離で活躍するウマ娘です。ウォッカもパワーとスピードが伸ばしやすく、中でもパワーの伸びしろが大きいので差しでの運用がおすすめです。

 

 

先行でも使えなくは無いのですが、豪脚を覚えるので差し運用固定がおすすめです。育成のレースでは有馬記念に出走するイベントがあるものの、勝利する必要は無いので育成の難易度はかなり低めです。

自前で「好転一息」を覚えるので、スピードとパワーを800を目標に高めつつ、回復スキルを持っておけばURAファイナルズ優勝も問題ないでしょう。固定スキルはゴール手前で発動するのでややギャンブル性が高いですが、発動すると強いです。

 

タイキシャトル

サクラバクシンオーと同じくらい育成の難易度が低いです。短距離とマイルが得意ですが、サクラバクシンオーと違うのは芝もダートも戦えるので、出場できるG Iレースの数が多いです。

 

タイキシャトルは短距離とマイルのレースしか目標にないので、育成目標のハードルはかなり低いです。スピードとパワーを800を目標に、賢さはなるべく余裕があれば上げるくらいでURAファイナルズの優勝も楽勝です。

目立った欠点は無いのですが、チームレース場では強いのに、チャンピオンズミーティングのマイルではいまのところあまり活躍できていないなあと言うのが私の印象です。

 

サイレンスズカ

アニメでもおなじみのサイレンスズカです。得意な逃げにとにかく特化しています。

 

サイレンスズカは自前で強力スキル「コンセントレーション」と「逃亡者」を入手できるので、マイル・中距離の逃げとして活躍できます。育成でも宝塚記念と天皇賞秋が少々難易度が高いくらいで育成は本当に楽です。

スピードが伸ばしやすいので、スピードと並行してパワーを上げていけば目標のレースにも苦労はしないでしょう。スタミナは400くらいあればURAファイナルズの優勝もできますね。サイレンスズカの固有スキルが育成で強力で、最終直線で先頭にいれば固有スキルが発動してラストスパートでぶっちぎれます。

育成のレースで苦労することは無いのですが、チームレース場ではマルゼンスキーやセイウンスカイに先頭を取られると、固有スキルが発動しないので対人線での運用はやや難しいです。

それでも強力なスキルを覚えることと、ステータスを伸ばしやすいのは大きなアドバンテージなので強力なキャラクターではあると思います。

あとがき

今回は育成が簡単なウマ娘をご紹介していきました。URAファイナルズでどうしても優勝できない方は、まずこれらのキャラクターで育成を初めてみてください。

ある程度なれると、安定してゲームクリアできるようになりますのでまずは簡単なキャラクターから慣れましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-ウマ娘
-, ,