Apple PayでPASMOが利用可能に。何が変わるのか。

iPhone

本日(2020/10/06)、PASMOがiPhoneとApple WatchのApple Payで利用できるようになりました。これで首都圏のPASMOユーザーはiPhoneさえあれば、PASMOのカードを持たなくてもよくなります。今回はApple Payを使えることで何が変わるかを考察していきましょう。

 
関連サイト

Apple PayのPASMO、はじまる。
Apple PayのPASMO公式ホームページ。iPhoneやApple Watchで、並ばずに、チャージも、定期券の購入も。Walletアプリから簡単に。

 

PASMOのカードをiPhoneに取り込める。

PASMOの物理カードを、iPhoneのWalletアプリを起動して設定を行い、iPhoneの上部(NFCアンテナ部分)に接触させることでPASMOカードを電子化し、Apple IDに紐づけることでiPhoneでPASMOが利用ができるようになります。

 
この辺りはSuicaのカードの取り込みとほぼ同じですね。SuicaもPASMOも、iPhoneもFeliCaを採用しているのでiPhoneに取り込めるわけです。

 

PASMOがApple PAY対応になって何が変わるのか

ここからが本題です。かつてApple PAYで使える交通系の電子マネーはモバイルSuica一択でした。しかし、iPhoneでPASMOが使えるようになることはモバイルSuicaの独占が崩れることを意味します。

 
これにより、今までPASMOをiPhoneで使いたかったけどモバイルSuicaを使わざるおえないユーザーさんが、完全に電子版PASMOに移行できます。また、サービス面においてPASMOとモバイルSuicaで競合し合えばユーザーにとって有益なサービスの享受ができますし、今後の交通系の支払いサービスがもっと便利になりそうで期待できますね。

 
他にもPASMOはバスの定期を提供しており、バスを頻繁に使うユーザーであるならばこのアップデートは非常に魅力的です。これはモバイルSuicaとの大きな差別化を図っているなあと感じます。

 
私は首都圏に住んでいるので、PASMOのサービスがモバイルSuicaを上回れば、PASMOに移行してもいいかなと思っております。今後PASMOがモバイルSuicaと差別化をするためにどんなサービスを提供するか楽しみですね。