アップルストアのワークショップに参加してみた感想と用意しておくこと

Appleのワークショップを予約して、アップルストア銀座店のワークショップに参加してみました。

 
今回私は「MacのためのKeynoteで美しいプレゼンテーションをデザインしよう」というタイトルのワークショップを受けましたので感想をいくつか私なりに書いてみましたのでご参考に。銀座店は玄関にApple Watchが飾ってあってとても綺麗でした。

 
アップルストア-ワークショップ-Keynote-1

 

予約者の確認

予約された方は氏名の確認がありますので、Apple Storeのアプリ等で予約してあることをスタッフさんに見せます。このときなるべく前の席にいるとスタッフさんは助かるかと思います。

 

質問はあらかじめ用意

講義の最初に質問のある方がいるか尋ねられますので、質問がある方は遠慮せずに聞きましょう。私は大学の研究室の報告会の癖で、前からKeynoteで疑問だったことについ質問してしまいました。

 

MacBookやiPad等のデバイスを準備

ワークショップの参加者の半分くらいはMacBookシリーズで実際に講師の動きをトレースして学習していました。これがベストな学習法だなと思いましたね。

 

ワークショップの時間は1時間

1つのワークショップの時間は1時間なのでちょうど区切りのいいところまで進みます。例えばKeynoteでは、Keynoteアプリの起動から、文字のフォントの話、色、画像の挿入。加工、アニメーションの追加までレクチャーしてくれます。講師の方の説明はとても丁寧なので、戸惑うこともないでしょう。

 
実際に当日作ってみたKeynoteの資料がこちらになります。実際のファイルはアニメーション等のエフェクトもちゃんとあるものになっています。色々と小技を学べて楽しかったです。

 
アップルストア-ワークショップ-Keynote-2

 

途中入場・途中退出は問題ない

途中から聞きたいレクチャーがあれば空いている席に座れますし、都合が悪くなって途中で退席も大丈夫な雰囲気でした。カジュアルに参加できるので気軽に楽しく受けましょう!

 
あとがき

アップルストアのワークショップは初めての参加でしたが、とても満足したものでした。Apple製品をもっと活用したいと思っている方に強くおすすめしたいですね。この辺りのサポートもさすがはAppleだと強く思いました。

 
私にとってKeynoteは使い慣れたPowerPointと違う部分が多く、基礎から勉強してみようと思ったのがワークショップに参加してみようと思ったきっかけでした。今後は中級編のワークショップや、iPadやiPhoneの活用術についても参加していきたいと思います。