そろそろiPhone 12のスペックを予想してみようか

Apple

今年に登場すると言われているiPhone 12。みんなも欲しいですよね。僕もお気に入りのiPhone Xをコンクリートに思い切り画面から落としたら画面の端が割れてしまったのと、バッテリーが1日持たないため今年のリプレースを考えています。

 
今回の記事ではiPhone 12のスペックを予測してみたいと思います。

 

今年のiPhoneは3種類のラインナップ

iPhone 12とiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxのラインナップと言われております。その中でもサイズがiPhone 12が5.4-inchと6.1-inch、iPhone 12 Proを6.1-inch、iPhone 12 Pro Maxが6.7-inchでラインナップされると予想されております。

 
いずれのディスプレイも有機ELを搭載する見込みです。これでSE以外は全て有機ELに統一されることになります。まあiPhone 12とiPhone 12 Proが共通のディスプレイサイズなのでこれは妥当でしょう。

 

A14チップ搭載

これはほぼ確定ですね。AppleのA14チップが搭載される見込みです。参考記事によると、A13チップもかなりの高性能なので当然それを超えてくることでしょう。

 
最近は4K撮影や再生、高画質3Dゲームなどの高負荷な用途も当たり前なので、チップの性能が着実に成長するのは嬉しいですね。

 
参考記事

【A13 Bionic】iPhone 11シリーズのAntutu・Geekbenchスコアまとめ
Appleは発表会やホームページ上でiPhoneのSoCの詳しい仕様を公表しないことで知られていますが、早くもGeekBench 4とAnturtu上に新型iPhoneシリーズが登場しています。iPhone 11, iPhone 11 Pr

 

5Gへの対応

これもほぼ確定ですね。Appleは昨年大手半導体メーカーのクアルコムと和解をしました。これによりクアルコムから5Gのチップが供給されるのはほぼ確定でしょう。

 
これには背景があって、5Gが急速に伸びる中国や韓国のスマートフォンメーカーに負けたく無い米国の意図が濃く出ていそうですね。

 
関連記事

iPhone 12に搭載予定の5Gとはなにか。4Gとの比較も含めて解説
何かとここ数年話題の5G(5th Generation)。超ざっくりいうと、2020年現在主流の4Gより数倍通信速度が早く、ラグがかなり短くなることが特徴で今後主流になっていく通信規格です。 今回の記事は以前話をした次世代Wi-F...

 

iPad Pro 2020と同様LiDARスキャナを搭載

今後ARは一気に加速していくことが予測されており、ポケモンGOのようにARを生かしたアプリなどは続々出てくる見込みです。

※写真はiPad Pro 2020のカメラ部分

iPad Pro 11インチ(第2世代)2020モデルレビュー。第1世代2018モデルからの買い替え。
どうもまきしです。3月にiPad Pro 11インチの第2世代(2020モデル)を購入しました。iPad Pro 11インチは第1世代(2018モデル)を持っていましたが1年と半ほどで買い替えました。 発売と同時に注文をして1ヶ月...

 
Appleとしては、LiDARスキャナを活かしたARアプリ市場の活性化を促したいという意図があるのかなと思います。台数的にも最も数が出ているiPhoneがLiDARスキャナを搭載することでよりARの体験を身近にしたいのでしょうね。

 

あとがき

iPhone 12で予想されていることについて書いてみました。発売は9か10月と言われているので、今後も目が離せません。なお、本エントリーは予想なので外れる場合も大いにあることをご承知おきください。