iPhone

【iPhoneで使うSuica】Apple IDに紐づいたSuicaを別のApple IDに移動する方法は?

どうもまきしです。今回の記事はApple IDに紐付いたSuicaの情報は別のApple IDに移動できないと言う話をしましょう。

 
今後iPhoneにSuicaをインストールして、Suicaとして使いたいと言う人には知って欲しい話です。

 

iPhoneで使えるSuicaの仕組み

iPhone 7から国内向けのiPhoneはSONYのチップのFeliCaが使えるようになりました。このFeliCaのチップにSuicaの情報を載せてiPhoneがSuicaとして使える仕組みです。

 
※FeliCaはセルラー通信やWi-Fiとは異なる13.56 MHzを使用しています。

 

Apple IDにSuicaを紐づけるとどうなるか

さてここからが本題です。過去にiPhoneでSuicaが使えるメリットを書かせていただきました。

 
iPhoneでSuicaを使うには、iPhoneのSuicaアプリとWalletアプリを通して、Apple IDにSuicaの番号や使用者などの情報を紐づける必要があります。

 
ここで1度Apple IDにSuicaを紐づけると、Suicaの情報は他のApple IDに移行することができません。そのため複数のApple IDを持っていて使い分けている方は十分に注意しましょう。

 

なぜSuicaの情報を他のApple IDに移行できないのか

まず挙げられるのが、セキュリティです。

 
iPhoneに入れたSuicaは残高はもちろん、定期券もインストール購入できます。Suicaが他のApple IDで利用できてしまうと情報漏洩等があった場合残高や定期を不正に利用できてしまう。

 
これはSuicaで毎日通勤通学をする人にとってはクリティカルな問題となりますので、これを防ぐためでしょう。

関連記事

 
また、Apple IDに紐づいたSuicaは、機種変更などでiPhoneからiPhoneに交換したときに、新しいiPhoneで同一のApple IDでサインインしてSuicaのアプリをインストールすればすぐに利用できます。

 
これはApple IDにSuicaの情報がひもづけされているためです。これにより旅先でiPhoneをトラブルで交換してもすぐに利用できます。

 

同じApple IDなら複数の端末でSuicaを使いまわせるが。。

私はApple Watch Series 4とiPhone Xを利用しておりこれらは双方ともSuicaが利用できます。

 
QUICPayやiDなどのApple Payでは、iPhoneやWatchに支払い方法の情報を複製できます。しかしSuicaに関しては、1個の端末にしかSuicaを利用できません。

 
つまり、iPhoneやApple Watchで、Suicaを使おうと思ったらどちらかの端末でしかSuicaが利用できないと言うことになります。

 
iPhoneから Apple WatchへのSuicaの移行手段は下別途記事で書きました。移行手段については下記ご参照ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-iPhone
-,

© 2021 Apple Compass