Apple Watch

Apple WatchでSuicaを使う方法

iPhoneでもSuicaが使えることを本サイトでもご紹介していますが、もちろんApple WatchにもSuicaを使うことができます。

 
これにより、駅の改札をApple Watchで通ることができるので非常に便利です。

 
今回の記事では、iPhoneに登録したSuicaをApple Watchに登録する方法を書きます。

 
これを覚えておけば、iPhone⇔Apple Watch間でいつでもSuicaを移動できるので様々なシチュエーションで利用できるはずです。

 
環境

  • iPhone X
  • iOS 13.5.1
  • Apple Watch  Series 4
  • Watch OS 6.2.6

 

iPhoneのApple Watchから移動させよう

準備段階として、iPhoneとApple Watchをペアリングさせてください。Apple WatchのアプリをiPhoneで開き、“WalletとApple Pay”を開きます。

 
ここでSuicaの右にある「追加」をタップします。

 
カードを移動する画面に移動するので、「次へ」をタップします。

 
追加中と表示されますのでしばらく待ちます。

 
この画面が表示されたらほぼ完了です。

 
続いてこの画面が表示されたら移動が完了しています。Apple WatchでSuicaを利用できます。

 

Apple WatchでSuicaを使って支払う方法

Apple Watchに入ったSuicaを利用するには、駅の改札のカードリーダーにかざすだけで問題ありません。

 
Suicaを起動してコンビニ等で支払いたいときには、本体右側のサイドボタンをダブルクリックするとSuicaが起動できます。

 
実際にApple Watchで改札を通るとかなり便利で、「21世紀の時代はこうあるべきだよなあ」と思いましたね。本音は改札のカードリーダーに触れさせる動作すらしたくないのだけど。。

 

Apple WatchからiPhoneにSuicaを戻す方法

続いて、Apple WatchからiPhoneにSuicaを移動する方法を書きましょう。iPhoneのApple Watchアプリを開き、Suica定期券をタップします。

 
「iPhoneにカードを追加する」をタップします。

 
あとは画面の指示に従って移動させるとApple WatchからiPhoneにSuicaを移動できますよ。iPhoneとApple WatchでSuicaを使い分けてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Apple Watch
-, ,

© 2021 Apple Compass