Apple Watch

Apple Watchの新型SE 2がAmazonで予約開始。コスパ最強でおすすめ。

どうもみなさんこんにちは。まきしです。日本時間2022年9月8日午前2時からのAppleの発表会で新型のApple Watch SEが発売され、早速Amazonで販売予約されています。

Apple Watch SEの第2世代モデルで、内容としてはかなりお買い得になっております。一般的な用途としてはApple Watch SE 第2世代で十分なスペックです。

 

ポイント1: お値段は最安で38000円からだが、性能は Series 8と大差ない

Apple Watch SEは基本的な装備は Series 8と同じ同等のS8 SiPを搭載しています。従来のApple Watchよりもサクサク動作するはずです。

ディスプレイは常時点灯が無いものの、 40/44ミリとケースのサイズはSeries 4とほぼ同等なので画面サイズが小さいと感じることはないでしょう。

私は Series 4 44ミリを4年間愛用していますが、画面サイズは十分と感じています。

 

ポイント2:  Series 8と比較して機能は少ないもののポイントは抑えてる

Series 8も比較して、センサーはSE 2は心電図、血中酸素、皮膚温センサーがSE 2ではないですがこれらの機能が不要であればSE 2で十分です。

SE 2は通知機能や通話機能、心拍数表示、SOSコール、転倒検知、衝突時SOSコール、睡眠トラックなど十分すぎるファンクションを持っています。

※SOSコールを利用するには、通信契約済みのセルラーモデルのApple Watchか、iPhoneとペアリングしたApple Watchが必要となります。(Apple WatchはiPhoneとペアで使うのがほぼマストバイなので、iPhoneと一緒に持ち歩きましょう。)

個人的な意見ですが、心拍数表示と転倒検知、SOSコールは万が一の時役に立つので、少しでも安くて良いからApple Watchは身につけて欲しいと考えています。特に高齢者ね。。

 

ポイント3: 初めてのApple WatchとしてもSE 2は強くおすすめ

iPhoneを持っているユーザーならわかりますが、最近のiPhoneは画面が6インチ以上と大きくなっています。

そのため通知はなるべくWatchで確認できた方が良いためApple Watchを身につけるのはベターです。

ただ、 Series 8は最低5万円以上することも鑑みると、機能としては必要十分搭載しているSE 2は魅力的な選択肢になります。

もちろんディスプレイ常時点灯や心電図、血中酸素センサーや、皮膚温センサーのいずれかが欲しいユーザーは迷わず Series 8を購入した方が幸せになると考えられます。

しかし、個人的に5年ほどApple Watchを使った私としてはSE 2も十分選択肢に入るなと感じています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Apple Watch