セルラー版iPad Air 2をモバイルWi-Fルーターとして使う方法

以前iPhoneをモバイルWi-Fiルーターとして使う方法という記事を書きましたが、iPadでもセルラー版であれば同様にモバイルWi-Fiとして使用することができます。iPhoneとiPadは同じiOSなので方法は全く同じですが、iPhoneとiPadでのテザリングの立場は微妙に違います。

 
iPadでテザリングをするメリット

・iPhoneより遥かにバッテリーが持つため長時間の使用もok

・携帯の電波がつながればどこでもネット可能

 
デメリットは以下になります。

・iPad本体が大きいため、ノートパソコンと併用するには荷物が増えてしまうことと、iPhoneやモバイルルーターでのテザリングと比較して手軽さが減ります。

・契約内容にもよりますが。パケット制限もあります。

 
外出先で長時間パソコンでネットワークを使用したいときはiPadのバッテリーの容量が生きますね。ただ、iPadを取り出すのとiPhoneを取り出すのとでは、手間が違うのでiPadでのテザリングはiPhoneよりサクッと手軽に使いたいときの使用頻度が減るかもしれません。ですが中にはiPhoneを所有せずセルラー版のiPadのみをお持ちの方もいらっしゃると思いますので、今回はiPadでテザリングを行ってモバイルWi-Fiルーターとして使用する方法を書きたいと思います。

 
この方法はWi-Fi版iPadでは不可能ですので注意です。私はSIMフリー版のiPad Air 2 with CellularにauのLTEのSIMを装着して行っています。今回はWi-FiをiPadから飛ばし、iPhoneで受信しています。

 
iPad-Wi-Fiルーター-1

 
使用機器

Wi-Fi送信側:iPad Air 2 with Cellular (iOS 8.1.2)
Wi-Fi受信側:iPhone 6 Plus(iOS 8.1.2)

 

まずiPadの設定アプリを起動します。“Personal Hotspot”をタップし、“Personal Hotspot”をONにします。この画面のWi-Fiのパスワードが必要になりますので控えておきましょう。

 
iPad-Wi-Fiルーター-2

 
ポップアップが出現するので、“Wi-FiとBluetoothをONにする”をタップします。これで送信側(iPad)の設定は完了です。

 
iPad-Wi-Fiルーター-3

 
受信側のiPhoneの設定です。iPhoneの設定アプリを起動します。Wi-Fiをタップすると以下の画面に移動するためiPadのネットワークを選択します。iPadのネットワーク名は「iPadの名前」です。チェーンマークがついていますのでわかりやすいです。

 
iPad-Wi-Fiルーター-4

 
iPadで表示されているパスワードを入力します。これで設定は完了です。

 
iPad-Wi-Fiルーター-5

 
試しにSafariで当サイトを開いてみました。正常にネットワークが使用できていますね。方法は以上です。

 
iPad-Wi-Fiルーター-6

 
あとがき

 
iPhoneでもiPadでもテザリングが使えて便利ですね。テザリングの記事はこれでiPhoneとiPadの双方を書きましたが、もちろんノートパソコンやタブレットのWi-FiをOnにして同様の手順でネットを楽しむことができます。中にはiPhoneとモバイルWi-Fiルーターの2台持ちをしている方もいるかもしれませんが、iPhoneやiPadがあればモバイルWi-Fiルーターとしての役割を持つためよりスマートにどこでもネットワーク環境が使用できるはずですよー。

よろしければシェアお願いします!