iPhoneを初めて買った初心者にやってあげたい3つのこと

私事ですが、先日私の両親がガラケーからついにiPhone SEに機種変更しました。理由としては、両親のガラケーは4年近く使用しており、すでにガラケーに後継機種がなかったこと。そして、iPhoneで困ったら私に聞けば解決するからとのこと。今回はiPhoneの購入前後で私が実際にアドバイスしたことを3つ挙げてみました。

関連記事: ガラケーからiPhoneに機種変更するとき注意する8の項目
 

初期設定をしてあげる

普段スマートフォンを使わない人はまずどんな設定をしてあげれば良いのかイメージを持っていません。初期設定のiPhoneは使えなくは無いのですが、より快適に、安全に使うためにはそれなりに設定をしてあげる必要があります。

 
手間ですが、一度実際にFace to Faceで設定をしてあげることをおすすめします。Skypeや電話でもある程度教えられるのですが、やはり同じ画面を見ながら設定するのがベストなので、ざっとiPhone本体の設定をやってあげましょう。疑問がある場合には、その後に個別に対応する形にしました。

 

ケースの購入をおすすめする

iPhoneのケースの装着には賛否両論ですが、私の意見としてはケースの装着を推奨しています。理由としては、画面の破損率が大幅に下がるからです。

 
iPhoneは画面の破損が多く、その後の修理の手続き(Apple Care)は割りと面倒なのでトラブルを未然に防ぐことは大切なことです。ここで大切なのは、実際に店舗に行って選ぶことが大切であること。実店舗では色合いやデザイン、手触り(かなり大切)を試して選びましょう。毎日使うiPhoneだから、ケース選びは服の試着と同じと私は思っています。

 

Apple IDの取得

Apple IDは必須なので設定してあげましょう。これでアプリのインストールができるようになります。一度設定すればずっと使うアカウントなのでIDとパスワードは必ずメモして無くさないようにしましょう。