iPhoneできれいな写真を撮るための5つのヒント

私がブログにアップロードしている写真は全てiPhoneで撮影したものです。iPhoneは4s,5s,6 Plusを使用してきましたが、ブログにアップロードするなら十分すぎる画質を持っています。なによりiPhoneで撮影した写真は全てフォトストリームで自動的にMacに同期されるため、利便性に大いに優れています。ケーブルでMacと接続する手間から開放されたのは大きいです。今回は3年間iPhoneで写真を撮り続けた私がより綺麗に手ブレ等を抑えて撮影するコツを紹介したいと思います。

 
使用端末 iPhone 6 Plus(iOS8.1.1)
使用アプリ Apple純正カメラアプリ
被写体 iPad Air 2

 

1.カメラの撮影画面にグリッドを表示させて、画面を9分割にして写真を撮る。

 
設定アプリを開き、「写真とカメラ」に進み、カメラの「グリッド」をOnにします。すると写真の撮影画面がグリッドが表示されます。このグリッドに綺麗に収まるように写真を撮影すると、バランスが崩れない写真をとることができます。ちなみにiPadでも同様の手順でグリッドを表示できますよ!

 
Better photos by iPhone-1

 
2.写真撮影をするときはスクリーン上のシャッターボタンを押して撮影する。

 
iPhoneのカメラはボリュームスイッチと画面上のシャターボタンで撮影できます。物理キーのボリュームスイッチで撮影するのは確かに楽だし、何より「写真を撮っている気分」になるのですが手ブレが大きくなる恐れがあります。色や光のバランスはPhotoshopやApertureで後から加工できるのですが、手ブレの修正は難しいです。そのためスクリーンのシャターボタンを軽く触れる感じで撮影すると、ブレが少なく撮影できるはずです。

 
Better photos by iPhone-2

 
3.HDRの設定をAutoまたはOnにして撮影する。

 
HDRの使用は賛否両論ですが、私はAutoにしてオリジナルとHDRで撮影したものを両者を残して保存しています。朝や夕方など光量が少ないシチュエーションでは場合によってはHDRの方が綺麗に取れる場合もありますのでHDRは使っていいと思います。

 
Better photos by iPhone-3

 
4.バーストモードを使用する。

 
以前iPhoneのバーストモードの使い方とベストショットを選択する方法という記事を書きましたが、バーストモードを積極的に使ってやることでミスをさらに抑えることができます。詳しく以前の記事で書いたのでそちらを参照にしてください。

 
5.フォーカスを合わせたい部分を長押ししてフォーカスをロックする。

 
iPhoneの撮影画面でフォーカスを合わせたい部分を長めにタップすると、フォーカスがロックされます。iPhoneは基本的にオートフォーカスですが、よりメリハリのある絵にしたいときはフォーカスを合わせたい部分をタップしてホールドすると任意の遠近感を作り出すことができます。

 

Better photos by iPhone-4

 
おまけ。パノラマモードを活用する。

 
iPhoneはiOS6かつ4s以降からパノラマ写真を撮影する機能が備わっています。パノラマモードを選択している間はゆっくりとiPhoneを移動させます。するとiPhoneのカメラで撮影された絵が合成され一枚の巨大な写真が完成します。

 
Better photos by iPhone-5

 
江ノ島に行ったときに撮影したパノラマ写真。海や横に広がる風景はパノラマモードの独壇場です。通常の4:3では表現できない写真を撮影できて楽しいです。クリックで拡大します。

 
iPhone 6 Plusで撮ったパノラマ写真

 
あとがき

 
以上が私がiPhoneで写真を撮るときに使っている技です。ご参考になれば幸いです。私はサードパーティ製のカメラアプリは使用せず純正しか使っていません。iPhoneのカメラはコントロールセンターから一瞬でアクセスできるため、手軽でとても使いやすいので重宝しています。ある程度綺麗に撮影出来たらPhotoshopで加工するという流れです。本音を言うとそろそろRAWを撮影できるそこそこのデジカメが欲しいのですが、iPhoneの手軽さについつい手が伸びてしまいます(笑)。

よろしければシェアお願いします!