iPhoneの残りの容量(メモリー、ストレージ)はいくつ?お手軽に調べよう。

iPhone

※本エントリーはリクエストされたものです。

 
iPhoneはMacやWindowsと違い、パット見はどこに残りの容量があるのかがわかりません。特にムービー撮影がメインであったり、音楽をいっぱい入れたい方は一体今どれくらいiPhoneは容量を使っているんだ?ということが挙げられます。

 
今回の記事では手軽にiPhoneの残りの容量がいくつなのか、今どれだけiPhoneが使っているのかを調べる方法を書きます。非常に簡単です。

環境

  • iPhone X
  • iOS 13.4.1

 

iPhoneのストレージの使用状況を設定アプリから調べる。

設定アプリを開き、「一般」アプリを表示します。

 
続いて「iPhoneストレージ」をタップします。
※「情報」でも調べられますが、機能的なのはこちらのほうがいいでしょう。

 
 
iPhoneストレージで各アプリがどれだけ容量を使っているかを調べることができます。私の場合256GBのiPhoneを使用しており、207GBまで利用していることがわかります。残り50GBほど利用できそうですね。

 
 
「iPhoneストレージ」の画面では、各アプリの使用状況がわかるだけでなく削除もできます。容量が足りないときに、不要なアプリやデータを削除して容量を確保することも可能です。

 
下記画像では音楽データ内にあるデータをアーティストごとに選択して削除できる様子を示しています。このようにアプリ内のデータごとに選択して削除も可能です。