【考察】なぜiPhone 11 Pro本体にUSB-Cは搭載しなかったか

iPhone

Lightningライセンスビジネスの利益

Lightning関連製品には、MFi認証というロゴを付けることが義務付けられています。多くの方も一度は見たことあるかと思いますが、「Made for iPhone」などのロゴがそうです。

画像引用

Apple、認定アクセサリであることを示す「MFi認証」ロゴを見やすくアップデート
さっぱりしました。iOSデバイス用アクセサリー製品の安全性を保証する、「MFi認証」のロゴ。こちらがアップデートされ、新しいロゴが各メーカーに通知...

 
このMFiのロゴはAppleにライセンス料を支払うことで、サードパーティーのメーカーはLightning製品を販売できます。2018年にはiPhone世界で累計3500万台も売れており、iPhoneのアクセサリーの市場も決して小さくありません。そのためライセンス料で儲けるビジネスをAppleは手放したくないんでしょう。

参考記事

503 Backend fetch failed

 

データの受け渡しはワイヤレスで!というAppleの思想

Apple製品には、AirDropなどワイヤレスでのファイル送信技術を利用できます。これを使うことで高速かつ安定して大量のデータを取り扱えます。

AirDropでiPhone iPad とMac間でファイルを送受信する方法 7

 
参考記事

AirDropを使ってiPhone (iPad)やMacの間でファイルを送受信する方法
AirDropでファイルを送受信する方法を紹介。iPhone、iPad、Macで使える。

 
さらにiPhone 11シリーズでは、Wi-Fi 6のIEEE 802.11axに対応しました。これにより写真だろうが4K動画だろうが、扱うのが従来のacよりも楽になりました。MacやiPadにもWi-Fi 6は今後水平展開されますし、ルーターもWi-Fi 6に対応すれば無線LANで遅いということがなくなり、「有線の重要性が低い」と言いたいのでしょう。

参考記事

iPhone Xユーザーの私がiPhone 11 Pro(MAX)に乗り換えない理由
iPhone Xを2年間使い続けた私が、iPhone 11 Proの売り機能であるトリプルカメラと新カラーについて説明しています。本題の趣旨としては、iPhone XからiPhone 11 Proに機種変更しない理由について、カメラ以外の変更点であるWi-Fi 6、コネクタなどの特徴についてを交えて説明する。

 
また、AppleはBluetoothやWi-Fiなどの無線技術を惜しみなく製品に投入してきました。Appleとしてはできればワイヤレスでデータ通信をやってほしいという思いが見えていますね。

 

付属品の充電機がUSB-C(DC出力18W)対応で高速充電対応になった

iPhone 11シリーズの付属品の充電器のDC出力は18Wのものになりました。付属品のケーブルもLightning-USB-Cに変更となりました。iPhoneの充電が18Wと高速となったため、USB-Cは本体に不要であると言いたいのでしょう。確かに18Wで充電ができるのであれば、電力面で言えばUSB-Cは不要かもしれませんね。

 

あとがき

まきし
まきし

妄想レベルですが、iPhone 11シリーズになぜUSB-Cを搭載しなかったかを考察してみました。今後iPhoneが5Gに対応したときはUSB-Cつくのではないか?とも予測しています。