iPhone

iPhone 12をモバイルWi-Fiルーター代わりに使う方法とメリットとデメリット

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回は、iPhone 12をWi-Fiルーターとして使う方法を書きましょう。

背景として、iPhone 12はWi-Fiルーターとして利用できるか?別途Wi-Fiルーターを用意する必要はあるか?というリクエストを頂きました。

まきし
今回の記事ではiPhone 12をモバイルWi-Fiルーター代わりに使う方法とiPhone 12とは別途Wi-Fiルーターが必要かという私の見解を書かせていただきます。

SoftbankオンラインでiPhoneをチェック

 

iPhone 12をWi-Fiルーターとして使う方法(テザリング)

今回紹介する端末は私のiPhone 12 Pro MAXを使用しています。また、携帯電話の通信はOCNモバイルONEを利用しています。

参考iPhone 12 Pro MAXレビュー: iPhone史上最大の画面サイズと進化したカメラが魅力。

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。11/22に発売したiPhone 12 Pro MAXを3ヶ月間毎日使い込みました。 エレコム iPhone 12 Pro Max フィルム 強化ガラス 薄 ...

続きを見る

設定アプリで「インターネット共有」をタップします。

下記画像にあるように、①「ほかの人の接続を許可」をONにして、②「Wi-Fiのパスワード」をタップします。

 

まきし
Wi-Fiのパスワードはここで好きなものに設定できます!ここでは"1234abcd" としています。※8桁以上の英数字で設定します。

 

パソコンでiPhoneと接続する。

パソコンとiPhoneをWi-Fiで接続しましょう。パソコンは私のiMacを使用しています。

参考iMac 5K 2017 レビュー: 本当にコスパの良いMacはiMacだ!

購入したモデル 画像引用: https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/imac/27インチ   iMac 5K 2017はMacBook Pro 15-in ...

続きを見る

※Windowsの場合画面が異なりますが、ネットワークでWi-FiをONにしていただければ手順はほぼ同じです。

画面の上部にあるWi-Fiのアイコンをタップし、iPhoneの名前を選択します。パスワードは先程設定した1234abcdを入力します。

Macの場合iPhoneと無事接続されるとアイコンが青くなります。これでテザリング成功です。

 

テザリング中のiPhoneの表示

テザリング中は、iPhoneのステータスバーが青くなります。青くなっている間はテザリングを行っています。

 

まきし
以上の手順でiPhoneとパソコンをネットワークにつなぐことができますよ!

※Wi-Fiで接続するだけでなく、BluetoothやUSBケーブルでiPhoneを接続することでつなぐ事はできますが、今回は最もオーソドックスなWi-Fiを選択しました。

 

iPhone 12をWi-Fiルーターとして使うメリット

iPhone 12をWi-Fiルーターとして使うメリットは、費用が安く済むところでしょう。

iPhoneとWi-Fiルーターを別に持つと、Wi-Fiルーターの端末代と通信費が毎月かかり、Wi-Fiルーターだけで年間何万円にもなってしまうこともありますのでiPhoneだけで賄うのはある意味合理的です。

また外出先では荷物も減るので身軽にできるのも大きなメリットですね。

 

iPhone 12シリーズのバッテリー容量

iPhone 12のバッテリー容量を比較してみましょう。この理由は、テザリング中はiPhoneはかなりバッテリーを消費するのでバッテリーの容量=テザリングのできる時間ということになります。

iPhone 12 miniが最も小さなバッテリー容量で、iPhone 12 Pro MAXが最も大きなバッテリー容量となります。長時間利用するならiPhone 12以上をおすすめするかなと思いますね。iPhone 12選びに関しては下記記事をご参照ください。

 

iPhone 12をWi-Fiルーターとして使うデメリット

さて、ここからはiPhone 12をWi-Fiルーターとして使うデメリットを書いていきましょう。

ひとつめのデメリットはiPhoneのバッテリーの寿命が縮む可能性があることです。

テザリングはiPhoneのバッテリーをかなり消費し、予備バッテリーや充電器は持ち歩いたほうが良いでしょう。おすするのモバイルバッテリーはAnkerのモバイルバッテリーですね。

iPhoneのバッテリーの寿命が縮む原因としては、iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーの性質によるものです。充電のサイクルが500回で性能が80%となるように設計されています。

参考【保存版】2021年発売のiPhone7機種の中からおすすめの機種を解説。

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回は2021年3月現在発売されているiPhone 7機種をそれぞれ解説していき、どれがおすすめなのかを解説していきましょう。   本編で話題にす ...

続きを見る

そのため頻繁充電するとあっという間にiPhoneのバッテリーの寿命が縮んでしまいます。そのため、iPhoneの購入時にAppleCare+に加入することで、保証期間の2年間のうちにバッテリーを交換してもらうのもいいでしょう。

参考iPhone・iPadのバッテリーの原理と寿命を延ばす使い方

iPhoneやiPadには、2次電池のリチウムイオンバッテリー(リチウムイオンポリマー電池)が内蔵されています。リチウムイオンバッテリーの特性としてLiリチウムは一族の金属なので、起電力が高いことが特 ...

続きを見る

ふたつめのデメリットは通信量です。家にWi-Fiがあるならともかく、パソコン含めてすべての通信をiPhoneで賄おうとするとかなりの通信量となります。そのため、自分が毎月どれくらいの通信量が必要かとそれにあった月額ブランを見極めたほうが良いです。

家にWi-Fiがあり外出先のみでしかテザリングをしないのであれば、今月リリースされるahamoなどの新料金プランなどが良いでしょう。

参考新料金プランはahamoをおすすめする理由を5Gから考察してみる+アンケート結果

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。いよいよ大手キャリア3社(docomo、KDDI、SoftBank)の20GB/月の新プランが3月のサービス開始で出揃いました。 関連記事: docomoの ...

続きを見る

すべてのネットワークを携帯電話枷のネットワークで賄う場合、各社から使い放題プランがリリースされていたり、格安SIMで月100GB使えるプラン等もありますのでこのあたりは慎重に決めると良いでしょう。

 

あとがき

今回はiPhoneをWi-Fiルーターとしてつかう方法と、そのメリットとデメリットを書かせていただきました。

iPhoneのテザリングは一長一短ありますが、個人的には家でWi-Fiが使えればiPhoneのテザリングで十分であり、別にWi-Fiルーターが必要かと言われると必要ないとは思いますね。

新生活も始まる方もいらっしゃると思いますが、iPhoneで素敵なモバイル生活をお楽しみくださいね。

SoftbankオンラインでiPhoneをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-iPhone
-, ,