Macの言語設定を英語にする方法とそのメリット

MacのOSであるmacOS (OS X)はマルチランゲージ対応なのでシステムの言語は日本語はもちろん、英語やフランス語といった各国の言語にして使えます。IMEはGoogle日本語入力等を利用できるので、言語を英語にしても日本語入力には全く問題ありません。

 
Macの言語設定を英語にすると、メニューバーやツールバー等の システムに関わる言語がほぼ全て英語になります。言語を英語にしてFinderのメニューバーを見みると全て英語になります。今回はmacOS (OS X)の言語を英語にする方法とそのメリットを書きたいと思います。

 
Mac-in-English

 
環境

・MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013 (OS X 10.9.5)

 

システム環境設定のアプリを起動

 
Mac-in-English-1

 
「言語と地域」をクリックします。

 
Mac-in-English-2

 
この画面で、 「優先する言語」をドラッグして“English”を1番上に来るようにドラッグして変更します。

 
Mac-in-English-3

 
再起動を促されますので再起動します。

 
Mac-in-English-4

 
再起動後、「システム環境設定」にマウスのカーソルを合わせると、“System Preferences”と表記されています。Safariなどの他のアプリの言語ももちろん英語化されています。日本語に戻したいときは前述の 「優先する言語」で日本語が1番上に来るように設定してください。

 
Mac-in-English-5

 

Macを英語にして使うメリット

 
英語化する本当の利点は英語を使用する機会の少ない日本で、少しでも多くの英語を触れることができるということです。英語のメニューや文章の表現はネイティブが作成したものなのでとても自然な表現となっています。環境を変えて少しでも英語学習をすることを狙っています。

 
もう1つのメリットはUSキーボード使用者限定ですが、全てが英語になるのでMacの見た目も画面も全てアルファベットで統一されるということ。この統一感が素晴らしく、本場US Appleのスタッフと同じ環境で作業ができるはずです。私はかな入力派でJISキーボードは欠かせないので、ここが羨ましいところです。

 
あとがき

 
Macの操作に新しい刺激が欲しい方は是非言語を英語にして使ってみてはいかがでしょうか。環境を変えると、フレッシュな気分で作業できるのでより長くMacと付き合えるはずです。下記の記事のように、iPhoneでもMacと同様に設定言語を変更できるのが地味に便利ですよ。

iPhoneの言語設定を英語にする方法

2014.12.02

よろしければシェアお願いします!