MacにおけるRetina Displayの利点と注意点

MacBook Pro 15-inch with the Retina Displayは2012年に初めてMacにRetina Displayが搭載されたモデルです。“Retina”とは「網膜」を意味し、Appleの定義するRetinaとは「人間の目(網膜)で液晶のピクセルを認識できないほど解像度が高いディスプレイ」を定義します。MacBook Pro 15-inch with the Retina Displayは2880×1800という超高解像度ディスプレイを搭載したラップトップであり、もともとRetina DisplayはiPhone 4に初めて採用され、当時はそのあまりの美しさに展示しているiPhoneの画像が印刷物に見えたほどでした。

 
さて、Retina DisplayがMacに採用されたときにいよいよラップトップにもRetina Displayが搭載されたのかと興奮したものです。いよいよMacにも超高解像度の時代が来たのかと当時は驚きましたね。これはもちろんIntelとNVIDIAのプロセッサーの進化も必要だったはずだし、これだけの高解像度のディスプレイを不具合無く作る技術も必要でした。

 
さて、今回は私の愛用しているMacBook Pro 15-inch with the Retina Display Late 2013を例にMacにレティナディスプレイを搭載するとどうなるのかその利点と注意点を書いてみましょう。

 
Retina Macのメリットとデメリット-1

 

・Retina Displayのしくみ

 
※画像はMacBook Pro レティナディスプレイモデルから引用。

 
Retina Macのメリットとデメリット-2

 
15インチMacBook Proでは標準のスケールで1440×900の表示解像度としています。ここで2880×1800の解像度で表示できるのではないのか?と疑問に思われる方もいらっしゃいますが、15インチという画面に2880×1800の解像度を表示すると文字や画像が小さすぎる問題があります。つまり、2880×1800の解像度を表示解像度1440×900にスケーリングして表示しているというわけです。そのため通常の1440×900の液晶で表示するより縦横の2×2の4倍の解像度で表示しているわけです。その情報量が多い恩恵により文字や写真を圧倒的な綺麗さで表現することができます。

 
Retina Macのメリットとデメリット-3

 
・Retina Displayは液晶解像度を任意に変えられる!

 
Retina Macにはもうひとつ大きなメリットが挙げられます。それは表示解像度のバリエーションが多いということ。詳細はAppleのサポートページにてご確認を。15インチのMacBook Pro RetinaのOS Xには表示解像度のバリエーションが以下となります。

 
☆1024×640

☆1200×800

☆1440×900(ディスプレイに最適)

☆1680×1050

☆1920×1200

 
Retina Macのメリットとデメリット-4

 
これにより、15インチでも最大で1920×1200というfull HDを超えた情報を表示することができます。もちろん文字は小さくなりますが、きちんと文字を読むことができます。これもRetina Macの魅力でしょう。私は通常1440×900で見ていますが、SafariとEvernoteを横に並べて記事を書きたいときにはスケーリングを任意に変えられるのは大きなアドバンテージでしょう。

 
・Retina Displayは色再現度が良い。

 
PhotoshopでRAW現象を多用される方が気になるのはその色再現度。Retina DisplayはIPS液晶を採用しており、sRGBカバー率を98%満たしていると言われています。(参考ページMacBook Pro Retina 13インチの画質を測色器で検証! MacBook Airとの比較も)そのため、仕事でカラーマネージメントをされる方はもちろん定期的にカラーキャリブレーションは必要ですが、かなりの色再現で写真を取り扱うことができます。ラップトップでこれだけのパフォーマンスが発揮できれば十分でしょう。

 
・Retina Displayはとってもデリケートで高価。

 
MacBookシリーズに搭載されているRetina Displayはかなりデリケートです。そのため素手で直接液晶を触ったり、液晶とキーボードの間にモノを挟んでラップトップを閉じないようにしましょう。無理な力が加わるとホワイトスポットができる場合があります。ホワイトスポットとは、常に白く液晶が光り続けるトラブルで、ハード的に故障しています。(以前記事にまとめました。アップルストアのジーニアスバーにMacを預ける前にやっておくこと)そのため、3年保証のアップルケアに加入しておくと便利です。自然故障であるならば無償で修理してくれるので1回修理に出せば元をとることができます。以前の記事でMacの液晶の掃除方法をまとめたのでご参考までに。(MacBook Pro Retinaの液晶の掃除方法。

 
あとがき

 
今回はRetina Macについてまとめてみましたが、いかがでしょうか。iMac27インチにもとうとうRetina Displayが搭載されたおかげでMacシリーズのほとんどがRetina化されました。Retina Macは文字の見やすさ、絵の綺麗さはとにかく素晴らしくとても快適にMacで作業をすることができます。iPhoneの画面の綺麗さがMacの広い画面でも実現できるのはワクワクしませんか?Macのご購入に参考になれば幸いです。

よろしければシェアお願いします!