Macのセキュリティ対策で最低限やっておきたい3つのこと

巷ではMacに関する誤った情報が流れています。例えば「Macはウィルスにかからないからウィルスソフトが必要ない。」など様々な誤解がされているようですが、使い方次第でWindowsだろうと、Macだろうと危険です。セキュリティを保たないと、データや個人情報の流出や、不正のブログラムによりパフォーマンスが低下する等のトラブルが起こる場合があります。

 
喜ばしいことにMacのユーザーは近年増えており、初めてのPCはMacでという方もいらっしゃると思います。今回はMacのセキュリティを保つための最低限の設定と、知識を計3つ書きます。このサイトを読んでらっしゃる方なら知っていることも多いとは思いますがMac初心者の方はおさらいしておきましょう。具体的には以下になります。

 
1.セキュリティソフトを導入する。

2.ファイアーウォールをONにする。

3.安全な(Secure)ネットワークに接続する。

環境

MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013 (OS X 10.9.5)


 

1.セキュリティソフトを導入する。

 
セキュリティソフトはマストです。インターネットに接続している限り、どんなファイルをダウンロードするかわかりません。また、USB等の外部メモリをMacに挿入するときにもウィルスに感染するリスクも有り、不正なファイルをスキャンできるセキュリティソフトは必要でしょう。Macだと無料のSOPHOS等もあり、無料のものでもいいのでインストールしておきましよう。私はMacApp Storeから購入したVirus Scanner Plusを導入しています。リアルタイムスキャンや、内部ストレージのフルスキャン等の基本機能を装備しており、外部メモリのスキャンも可能です。私は月1回フルスキャンを実行しています。

 
mac-secure-use-1

 
2.ファイアーウォールをONにする。

 
MacのOS XはデフォルトでファイアーウォールがONになっていません。外部からのネットワークの侵入を防ぐためにもファイアーウォールは設定しておきましょう。設定方法は環境設定アプリを開き、セキュリティーとプライバシーをクリックします。

 
mac-secure-use-2

 
ここでファイアーウォールをONにできます。Macを買ったらすぐに設定しましょう

 
mac-secure-use-3

 
3.安全なネットワークに接続する。

 
Wi-Fiをスキャンすると、下の画像のように街中にセキュリティの無いネットワーク、つまり暗号化されてないネットワークがあふれています。これに接続して通信を行ってしまうと、通信した内容が傍受される恐れがありネットワークはセキュリティのあるもののみを使用しましょう。セキュリティはWPA2が比較的安全ですのでWi-Fiルーターの設定をしておきましょう。Wi-Fiのセキュリティで考えるのが煩わしい方は有線LANでのネットワークが安全です

 
mac-secure-use-4

 

あとがき

 
以上がMacの「最低限」のセキュリティ対策になります。とりあえずこれらだけは対策しておきましょう。MacはWindowsと比較して不正なプログラムが少ないだけなのでMacもセキュリティ対策は必要です。なおこの記事はWindowsでも有効なのでWindowsの方も参考になるかと思います。余談ですがオフラインのスタンドアローンで使用するのが最高の対策ですが、それだとなんのためにMacを使っているかわからないのでネットワークに接続する方は参考にしてください。

よろしければシェアお願いします!