MacBookを保護するバッグ,“ZEROSHOCK”レビュー

MacBook Pro Retinaを保管したり移動するときに、私が使用しているのがELECOM インナーバッグ ZEROSHOCKです。このZEROSHOCKシリーズはWindowsのラップトップを使用しているときから使用しております。このバッグの最大のメリットはなんといってもその保護性能です。

 
とりあえずこのバッグに収納しておけば、パソコンを落としても、強引にカバンに詰め込んでも大丈夫という安心感があります。実際、スリープ中のHDD搭載のWindowsのノートブックを何度か落としましたが問題なかったですね。バッグの内部が衝撃を吸収してくれるので、高価なMacBookやウルトラブック等を保護するときにおすすめしたいです。

 
MacBookは表面がアルミニウムで出来ており、細かいスクラッチ(傷)がつきやすいので、MacBookを持ち運ぶときには保護できるケースの購入をおすすめします。今回は私が使用しているELECOMのインナーバッグZEROSHOCKをご紹介します。

 
ZERO-SHOCK-1

 

15インチのMac用のZEROSHOCKに、実際に15インチのMacBook Pro Retinaを収納するとこんな感じのサイズ感です。ケースがMacBook Pro Retinaより少し大きい作りとなっています。これは旧MacBook Pro 15インチのサイズに合わせてあるので、MacBook Pro Retinaにとってはやや大きいようです。

 
ZERO-SHOCK-2

 
もちろんダブルジッパー仕様となっており、収納や取り出しが楽ですね。ちなみにカラー展開は私が確認したところ、ホワイトとブラック等の数種類があるようです。私はホワイトを選択しました。家電量販店では結構在庫があるモデルなので、お好きな色を選んでください。

 
ZERO-SHOCK-3

 
MacBook Pro Retinaを収納してしまうと、結構キツキツのスペースなので使用する機会は少ないかもしれませんが、本体を収納するスペースの他にも小さなスペースがあり、保証書等の書類を収納することができます。

 
ZERO-SHOCK-4

 
私がこのインナーバッグを使用する用途は、前述のMacを持って外出するときや、デスクを掃除するとき、長期休暇でMacの電源を落として出かけるときに使用しています。保管するときに使用する理由は、ホコリ等からもMacを守ってくれるためです。

 
実売価格は2000円前後のバッグですが、10万円以上もするMacBookシリーズを保護できることを考えると費用対効果は高いと思います。衝撃をしっかり吸収してくれる作りなので、MacBookと外出するときにはおすすめです。欠点としてはMacBook自体のサイズが大きくなり、カバンに収納するときに嵩張ることが欠点です。特にMacBook Pro15インチをこのバッグに収納してカバンにいれると、他のアイテムが収納しにくくなり、Macのスマート感が減ってしまうことが欠点かと思います。

 
ZEROSHOCKシリーズは他にもMacBook Air用モデルもあるので、MacBook Airを保護したい方にもラインナップはあります。最近のMacBook Proや、MacBook Airはほとんど全てSSDを搭載しているのでHDDと比較して衝撃には強いはずですが、大事なMacBookを収納・保管するときにこのケースをおすすめしたいですね。

よろしければシェアお願いします!