macOS 10.14 Mojaveで最近使ったアプリのアイコンを自動的に隠す方法

iMac 5K 2017をmacOS 10.14 Mojaveにアップデートしました。使っていて気がついたのが、ドックに常駐させていないアプリを終了させたあとに、アプリのアイコンが残ってしまうこと。

 
下記の画像のように、「プレビュー」と「FaceTime」がアプリを終了させてもアイコンがドックに残ってしまっています。

 
macOS 10.14 Mojaveはデフォルトで最近使ったアプリがドックに残ってしまう設定になっています。これを解除したいときには、「環境設定」アプリを開き、「ドック」の項目を選択します。

 
ドックの一番下にある「最近使用したアプリケーションをドックに表示する」のチェックを外します。

 
これでmacOS 10.13 High Sierraと同様に、アプリを終了させても自動的にアイコンが消えるようになりました。私はドックに表示させるアイコンはなるべく固定したいので、短時間しか使わないアイコンはゴミ箱にいちいちドラッグアンドドロップしていましたが、これで解消されました。