macOS 10.15 CatalinaのミュージックアプリでCDを取り込む方法

Mac

macOS 10.15からiTunesが「ミュージック」アプリになりました。音楽再生の機能としてはiOSにもあるApple Musicの再生が楽になるなど、より音楽に特化したアプリになっています。もちろんiTunesのようにCDから楽曲をインポートして楽しむことも可能です。

 
今回の記事では、macOSのミュージックアプリを使ってCDを取り込んでみましょう。テストに使用したCDは「しんがーそんぐぱやぽやメロディー (ご注文はうさぎですか??~Sing For You~)イメージソング」です。

 
環境

  • iMac 5K 2017
  • macOS 10.15 Catalina

 

CDドライブからCDを取り込む

MacにUSBのCDドライブを接続し、CDをセットします。楽曲情報が自動的に表示されるので「CDをインポートする」をクリックします。
 

 
好きな拡張子を選んでOKをクリックします。私はApple losslessエンコーダーに設定しました。
 

参考記事

CDの音楽をiTunesで取り込むときApple Lossless形式を選択するメリット
私はiTunesでCDの音楽を取り込むとき、できるだけApple Lossless形式で取り込んでいます。Apple Lossless音質と容量のバランスが良く、Apple製品しか使わない人にはおすすめです。 環境 -MacBook...

 
CDが取り込まれると、ミュージックアプリ上でこのようにアルバムが表示されます。ここまでの操作も含めCDからのインポートに関してはiTunesと全く同じですね。iTunesからの乗り換えは全くストレスがなさそうです。
 

 

ミュージックアプリとiTunesの違いはエンコードの情報

iTunesではなく、Musicを使ってエンコードされたと表示されてます。このメタ情報だけ異なるようです。Musicのバージョン情報がMusic 1.0.0.的なものを予想していましたが思ったより細かいバージョンになっていますね。
 

 

Lyris Masterはver 2.5.3から利用可能

歌詞を登録するアプリLyrics Master 2を使っていますが、ver.2.5.2ではMusicと連携しません。2019/11/06更新: Ver.2.5.3から対応していますので、最新バージョンをダウンロードしましょう。
 

 

ミュージックアプリでCDをもっと便利に使うショートカットキー

CommandとEを同時押しで、CDをイジェクトできます。CDをインポートするときやCD本体のイジェクトスイッチが壊れたときに便利なので、覚えておきましょう。