MacBook Pro 15インチからiMac 5K 27インチに乗り換えて感じた3つのメリット

MacBook Pro 15-inch Late 2013からiMac 5K 2017にメインMacをリプレースしました。カスタムの内訳は最上位モデルをSSD 512GBに変更して自分でメモリを24GBに増設し、付属品は4000円追加してMagic Trackpad 2に変更しています。

関連記事: iMac 27インチ5K 2017年モデルのメモリ交換と静電気対策

 
MBPからiMac 5Kにリプレースして1週間程度利用しましたので、メリットを3つにまとめます。

 

5Kの27インチディスプレイがとても広くて快適

iMac 5Kにリプレースした理由が画面のサイズです。最近AdobeのPhotoshopやIllustratorなどを多用することが多くなり、他のアプリも多用するとMacBook Proの15インチでは画面が狭く感じてきました。そこでWQHDとして利用できるiMacに思い切ってリプレースしたわけです。

 

iMac 5KとMacBook Pro 15インチの液晶解像度の比較

iMacとMBP 15インチの液晶解像度を比較します。iMac 5Kは5120×2880、MBPは2880×1800です。

 
Retinaディスプレイとして使用したときの
実用解像度はiMac 5Kが2560×1440、MBP 15インチが1440×900です。 iMac 5KはMBPと比較しておよそ3倍の画面の広さです。

 

iMac 5KとEIZO EV2450の組み合わせ

私はEIZOのEV2450と組み合わせて利用しているので、実質の解像度は2560×1440+1920×1080と広大な面積で作業ができています。数多くの情報が一度に表示できるのでとても作業が捗るようになりましたね。

IMac EV2450組み合わせ

 
iMac 5KはPhotoshopで様々なウィンドウを並べても余裕があり、ひとつの画面にPowerPointやExcelを並べても余裕で表示できてしまうので様々な用途を快適に使えてとても重宝しています。縦の解像度が大きいので快適に記事を書くこともできています。Evernoteなどテキストアプリのブラウジングも快適です。

 


Magic KeyboardとMagic Trackpad 2

Magic KeyboardとMagic Trackpad

 
Magic KeyboardとMagic Trackpad 2を組み合わせてiMacをコントロールしています。オプションでMagic Mouse 2をMagic Trackpad 2に変更しました。

 
Magic Keyboardは打鍵感が良いです。以前使っていたMacBook Proと同様心地よくタイピングできて、キー配列も同じなので操作性も同じです。外部Keyboardなのにファンクションキーでディスプレイの明るさや、ミッションコントロールやLaunch Padの起動もできてお気に入りです。

 
Magic Trackpad 2は成人男性の手のひらほどの大きさと面積が広いので操作性が良いです。さらにTrackpad全体がクリックできる構造になっており、どこをクリック・タップしてもクリック動作になるので手のポジションを自由に変えられるのがよく考えられています。

 

コストパフォーマンスが意外と良い

MacBook Proは以前購入金額の3割で売却できたので、売却金額を差し引くと実質LG UltraFine 5K DislayとMagic Keyboard、Magic Trackpad 2合計の代金と少しの出費でリプレースできました。出費を抑えて新品のMacにリプレースできましたし、5Kのディスプレイ環境を構築できたことはかなり満足しています。5KのIPSディスプレイはかなり高額なのでパフォーマンスを考えるとかなりお買い得な金額です。

 
メモリを自分で足せるのでCTOの代金を安くできるのもメリットです。将来的にRAMを増やして長く利用できます。

 
あとがき

まきし

iMac 5Kは4代目のMacですがかなり満足してます。正直今まで買ったMacで一番満足度が高いです。iMacはAppleのハードウエアの中でも特に完成度が高く、デスクトップならではのパフォーマンスの高さとデスクまわりのレイアウトの柔軟性に満足していますね。

iMac 5Kの正式なレビューは1ヶ月使い込んでから書きたいと思います。