MacのSafariのブックマークをGoogle Chromeに移動する方法

Macの標準ブラウザは“Safari”が採用されています。同Apple社のブラウザなのだから当然なのだけれど、中には「Safariのブックマークを使い慣れたGoogle Chromeで使用したいんだけど。。」というユーザーも少なからずいらっしゃるかと思います。本記事ではSafariのブックマーク(お気に入り)をMacのローカルに保存し、Google Chromeにインポートするまでを紹介します。初心者向けの記事ですので細かい部分には触れません。

 
この方法のメリットは他のブラウザにブックマークをインポートできるだけでなく、Safariのブックマークをローカルに保存できるため、iCloudを使用せずにブックマークのバックアップができるので覚えておいて損は無いでしょう。また、iCloudでSafarのブックマークをMacとiPhone(iPad等も含む)間で同期していればMacとiPhoneのブックマークも同期されるため、間接的にiPhoneのブックマークをGoogle Chromeに移すこともできると言えます。

 
Safari-Bookmarks-Backup-1

 
環境

MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013 (OS X 10.9.5)
Safari 7.1.2
Google Chrome 39

 

Safariを起動し、メニューバーのファイル>ブックマークをエクスポートするをクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-2

 
HTML形式でファイルが作成されますので、任意の場所に保存します。今回私はデスクトップに保存しました。このファイルがSafariのブックマークファイルです。ファイル名も任意に決めることが出来ます。iCloudでSafariのブックマークを同期したくない方はたまにブックマークファイルを作成しておくと便利でしょう。

 
Safari-Bookmarks-Backup-3

 
Google Chromeを起動し、メニューバーのChrome>ブックマークと設定をインポートするをクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-4

 
Safariから直接ブックマークを同期することができますが、今回は「HTML形式のブックマークファイル」をクリックします。その後「インポート」をクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-5

 
先ほど作成したHTMLファイルを選択します。これでSafariのブックマークをChromeに移行できたはずです。

 
Safari-Bookmarks-Backup-6

 
あとがき

 
なおこの方法を応用すればGoogle Chromeのみならず他のブラウザ、例えばFirefoxやInternet Explorer等に移動することもできます。作成するブックマークファイルはMacでもWindowsでも共通なので、当たり前ですが異なるOSの間でもやりとりできます。ちなみにブラウザのサンプルとしてGoogle Chromeを挙げたのは、今まで様々なブラウザを使用してきてApple純正のブラウザ以外では最も使いやすいブラウザだと思っているためです。

よろしければシェアお願いします!