MacのSafariのブックマークをGoogle Chromeに移動する方法

Macの標準ブラウザは“Safari”が採用されています。メインブラウザの方がGoogle Chromeで、SafariのブックマークをGoogle Chromeで使用したいユーザーのための記事です。

 
この方法のメリットは他のブラウザにブックマークをインポートできるだけでなく、Safariのブックマークをローカルに保存できるため、ブックマークのバックアップができるので覚えておいて損は無いです。

 
また、iCloudでSafarのブックマークをMacとiPhone(iPad)間で同期していればMacとiPhoneのブックマークも同期されるため、間接的にiPhoneのブックマークをGoogle Chromeに移すこともできると言えます。

 
Safari-Bookmarks-Backup-1

 
環境

MacBook Pro Retina 15-inch Late 2013 (OS X 10.9.5)
Safari 7.1.2
Google Chrome 39

 

SafariのブックマークをGoogle Chromeにインポート

Safariを起動し、メニューバーのファイル>ブックマークをエクスポートするをクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-2

 
HTML形式でファイルが作成されますので、デスクトップなどに保存します。このファイルがSafariのブックマークファイルです。ファイル名も任意に決めることが出来ます。iCloudでSafariのブックマークを同期したくない方はたまにブックマークファイルを作成しておくと便利です。

 
Safari-Bookmarks-Backup-3

 
Google Chromeを起動し、メニューバーのChrome>ブックマークと設定をインポートするをクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-4

 
Safariから直接ブックマークを同期することができますが、今回は「HTML形式のブックマークファイル」をクリックします。その後「インポート」をクリックします。

 
Safari-Bookmarks-Backup-5

 
先ほど作成したHTMLファイルを選択します。これでSafariのブックマークをChromeに移行できたはずです。

 
Safari-Bookmarks-Backup-6

 
あとがき

 
この方法を応用すればGoogle Chromeのみならず、FirefoxやInternet Explorer等にも移動できます。作成するHTMLファイルはMacでもWindowsでも共通なので、異なるOSの間でもやりとりできます。

よろしければシェアお願いします!