SONYの Imaging Edge MobileアプリでiPhoneに写真が転送できないときの対処方法

iPhone

*アイキャッチはImaging Edge Mobileの公式サイトより引用

 
Sonyがスマートフォン向けにリリースしている写真転送アプリ「Imaging Edge Mobile」は、私が愛用しているRX100 M5AとiPhoneをWi-Fiで接続して写真を直接カメラロールに取り込めます。しかしiPhoneXをiOS 13にアップグレードしてからこのアプリの調子が悪い時がありました。

 
関連記事

SONY RX100 M5Aレビュー、iPhoneユーザーにおすすめできる一台
今年の夏に奮発してSONYのRX100 M5Aを購入しました。理由としては以下になります。 iPhone Xのカメラの画質に不満が出てきた。 旅行に行ったときにきれいな写真で思い出を残したい。 カメラの知識を多少は身につけたい...

 
具体的な不具合の症状としては、「カメラとWi-Fiで接続しているのに写真が転送されない」、「Wi-Fiで接続しようとするとエラーが発生する」といったエラーでした。本エントリーではその回避方法を書きます。

 
環境

  • iPhone X
  • iOS 13.2.3

 

トラブルシューティングの手順

下記の手順をすることで、エラーなく写真を取り込めるはずです。

iOSとアプリをすべて最新にアップロードする。

iOS 13は不具合が多く、2019/12/02の時点でも13.2.3までマイナーバージョンがリリースされています。OSのバグが少しでも少ない最新のものにアップデートを行いましょう。また、imaging Edge Mobileのバージョンも最新にアップデートしておきます。

 

iPhoneやiPadを再起動する。

アプリをアップデートしたあとは一度iPhoneやiPadを再起動しておきます。これで正しく動作するときがあります。

 

アプリではQRコードでiPhoneとカメラを接続する

ここからはアプリの操作です。アプリを起動すると、「カメラのNFC/QRコードをスキャンする」をタップします。

 
iPhoneの場合、必ず「カメラのQRコードをスキャンする」をタップしてください。

 
iPhoneのカメラが起動するので、カメラに表示されているQRコードにかざします。(転送したい写真をデジカメで選択して、あらかじめ転送のスタンバイをしておいてください。)QRコードをスキャンするのがポイントです

 
「カメラの型番のSSIDのWi-Fiに接続しますか?」とメッセージが出ますので、「接続」をタップします。これでiPhoneとカメラがWi-Fiで接続され、写真が転送されるはずです。これでうまく行かない時は、iPhoneとカメラをそれぞれもう一度再起動してみてください。