TOEIC500点を目指すためのテキストと勉強法

今回はTOEIC500点を獲得するための対策を書いてみます。TOEICは日本の企業の英語力の指標として最も広く使われている試験で、数多くの企業がTOEICのスコアを参考に英語力を評価しています。今回は TOEIC500点を狙っている人のための記事を書きましょう。

 
今回はTOEICの概要と、テキスト、勉強方法について書きたいと思います。あくまでも500点を狙う人向けです。700点を目指すための続編はこちらから。

 

TOEIC500点のレベル

企業が昇進の目安として挙げる500点前後という数字は理にかなっています。実は500点というスコアは英検2級とほぼ等しいレベルなんです。英検2級というのは高校英語を習得したレベルで基本的な文法と語彙を習得したレベルとなっています。

 
英検2級を獲得すれば500点は取れるでしょう。そのためまずは英検2級を取得することをすすめています。私が初めてTOEICを受けたときは英検2級を持っていてスコア510点でした。

 
ただ、TOEICにはある程度パターンがあるので、英検を取らなくても慣れれば500点はすぐに獲得できます。今回の記事は300-400点台の方が500点を目指すための記事として書きたいと思います。

 

問題形式に慣れる。

TOEICは出題形式も語彙も文法も似たり寄ったりで、普段仕事をしている上で使われる単語も山ほど出てくるので社会人向けと言えます。(英検は自然科学と歴史が多い。)TOEICには型があり、大問だとリスニングが4題、リーディングが3題出ています。試験時間はトータル120分と人間が集中できる時間を超えてます

 
ですが パータンを知れば慣れですので、問題形式に慣れるため公開テストやIPテストを出来るだけ受けてください。3-4回受ければパターンや時間配分、自分の苦手なパートがわかります。

 
孫氏も言っていましたが。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。ただしこの謀攻篇の記述は「負けることはないよ。」という意味で決して勝てるわけではないのです。そのためにある程度勉強が必要となります。

 
慣れるという意味では、ETSが出版しているTOEICテスト新公式問題集がいいでしょう。初めて買う場合はできるだけ新しいものを購入しましょう。私は最新版を使っています。

 
TOEIC-Text-500-1

 
このテキストの良い点は、TOEICの問題を作成しているETSの出版物であり、問題形式や難易度が本番とほぼ同じか易しいくらいに設定されております。2回分テストがあるので時間を計る練習にもなります。

 
公式問題集は高いですが必ず購入してください。これがないと自分の苦手な箇所がわかりません。この公式問題集は解説が丁寧なので1問1問おさらいできます

 

苦手な分野は特化した参考書でカバーして何周も解く。

以下の写真はTOEIC対策として定評のある特急シリーズです。私はこれらを全て解きましたが良問ばかりで良いシリーズです。全て新書なので価格も安く、どこでも持ち運べる上に内容がかなり的を得ているのでおすすめです。

 
中でもマストバイなのはTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編をまずは購入することをすすめます。これで基礎的な文法と語彙が習得できる上、とても的を得た内容となっています。書き込み推奨なので書籍版がおすすめです。

 
TOEIC-Text-500-2

 
後は苦手な分野、伸ばしたい分野を勉強すれば500点は硬いはずです。基本的には 公式問題集+特急シリーズで問題無いと思います。重要なのは何度も同じテキストを繰り返してください

 
間違った問題にチェックを入れて何度も繰り返してください。人間は忘れて覚えるので、忘れまくって覚えるという行為を繰り返しましょう。問題の答えを覚えてしまっても構いません。むしろ覚えるくらい学習すべきでしょう。

 

毎日5分でいいから問題を解く

語学学習には反復が必要です。仕事で忙しい人もいますが、寝る前に1問でもいいので問題をといてみてください。もちろん毎日やる必要はないです。ですが300-400点の人にとって500点というスコアは壁になっています。壁を乗り越えるには積み重ねが必要です。

 
また、300-400点の人は 残りの600-700点のなかから得点を取りに行くと考えればずいぶん楽ではないでしょうか?学習を忘れないために忘れないために、iPhoneユーザーであればOmniFocusやリマインダー等のアプリケーションを使用するのも手です。

 
また、学習時間はExcel等でで管理して「見える化」しておきましょう。数字化すると「頑張ってるな。」とか「全くやってないじゃん。」 というのがわかります。意識が変わるのでツールは積極的に使いましょう。

 
あとがき

今回挙げたテキストはおすすめですので、英語学習をされている方に少しでも参考になれば幸いです。問題形式に慣れれば500点はすぐ到達するはずです。大変なのはそのスコアを保つことです。語学学習は楽しくやれば長続きするので楽しく勉強していきましょう。Good Luck!