Twitterアプリより軽量なTwitter Liteのススメ

私はiPhone、iPad、AndroidでTwitter Liteを使っています。アプリ版と比較して超軽量なアプリであり、インターフェイスとしても優れているためです。

*ウェブアプリはiOS 11.3以降で利用可能です。アプリとして利用できない方は最新のOSにアップデートしてください。

 
Twitter Liteは日本のように4G環境がなく、GMSのような2GやW-CDMAなどの3Gを利用している海外での利用が伸びているようです。

参考記事:https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/product/2017/twitter-lite_.html

 

 

Twitter Liteのインストール方法

1.AndroidのChromeやiPhoneのSafariでhttps://mobile.twitter.com/homeにアクセスします。(Twitterアプリが起動する場合は、Twitterアプリを削除してください。)

 
2.アクセスしたら「ホーム画面に追加」を行ってください。

Twitter Lite 1

 
3.Twitter Liteをタップしてログインします。

Twitter Lite 2

 

Twitter Liteの機能

Twitter LiteはiPhoneの場合Safariで動くウェブアプリケーションです。機能はTwitterアプリやTwitter Web Clientとほぼ同等でUIもほぼおなじものを用意しています。

Twitter Lite 4

 
もちろん通知やDMの機能も利用できます。

Twitter Lite 5

 

Twitterアプリより良いところ

Twitter Liteの容量はブックマークなので容量は1MB以下です。それに対してアプリは100MB (iPhone X)とリッチなアプリとなっています。iPhoneやiPod touchの16GBや32Gモデルなどの容量を気にしている人におすすめできます。

Twitter Lite 6

 
また、Twitter Liteはアプリのアップデートが無いので、アップデートに関する通信も不要なのも見逃せません。

 

Twitter Liteの使用感

Twitter Liteを一ヶ月ほど利用しましたが、使い勝手はアプリとほぼ同じです。おかげでTwitterアプリは削除できました。SSLを利用したブラウザベースなのでセキュリティ的にも特に問題はない感じです。

 
私のように格安SIM回線で利用するときはデータをなるべく使いたくないので、Lite版のように必要最低限のデータを読み込んで使えるのは助かっています。今はTwitter LiteとTweetbotのふたつをメインのクライアントとして利用していますね。

関連記事: Tweetbotの設定と使い方について