【ブログ】WordPressサイトを運用する運営費はいくらかかるのか?

WordPress

どうもまきしです。今回は私の環境でWordPressサイトを運営するのに年間いくら費用がかかっているかをご紹介します。

 
私は本サイト「ご注文はMacですか?」を運用しております。もともと2010 – 2014年までは無料のブログサービスを利用していましが、2014年末からWordPressのCMSにサイトのフォーマットをスイッチしました。

 
結論としてはミニマムでレンタルサーバー代+ドメイン代がかかります。今回は私が使っているサーバーとドメインを例として年間いくら私が払っているのかを書きましょう。

 

そもそもプラウザでWebが見れる原理はなにか。

ChromeなどのブラウザでどうしてWeb沿いとがそもそもアクセスできるのでしょうか。

 
まず下図で超ざっくりと説明をまずさせてください。ChromeやSafariなどのアプリを「ブラウザ」と呼びます。下図では今やAndroid OSやWindowsでもほぼ標準になりつつある高機能ブラウザChromeで説明しています。

 
ChromeがURLにアクセスしたとき、そのURLからDNSを介してサーバーのIPアドレスをリクエストします。サーバーはリクエストがあるとブラウザに対して画像やHTMLを送付してブラウザでページが見れるというわけです。

 
ブラウザは無料で入手できますが、下図の「サーバー」と「ドメイン(サイトの住所)」は有償です。個人または法人で手配する必要があります。

 
さて、WordPressを始めるには「サーバー」と「ドメイン」が必要なことがわかりました。ここからはサーバー代とドメイン代について話していきましょう。

 

レンタルサーバー代

さてさて、サーバー代について書いていきましょう。結論として私はエックスサーバー x10プランを利用しています。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

 
代金は年間13200円(税込)と正直なかなか高いです。だけどコントロールパネルは使いやすいし、パフォーマンスもいいので契約しています。SSLも無料です。昔はXREAを年間契約3000円と格安でしたが、WordPressを動かすにはパフォーマンスが低すぎるのでエックスサーバーに乗り換えました。

無料から使える高機能・高品質レンタルサーバー | XREA(エクスリア)
XREA(エクスリア)はユーザー側で自由に設定をカスタマイズできる、高機能なレンタルサーバーです。最新のCPUとSSD搭載で高速化を実現、また、安定したサイト運営が可能です。ワンランク上のWeb、Blog、商材サイトを目指す方におすすめします。

 
目安として、値段とパフォーマンスは比例しているので3000-12000円はかかるのを覚悟しましょう。

 

ドメイン代

これも必須です。ドメイン代は実は「.com」「.jp」「.tokyo」などの文字列によって値段が変わります。私はhttps://ringo-kirara.comというドメインを取得しており、年間2000円ほど払っています。

 
ちなみに、ドメインは個人のものとして「所有」することができません。あくまでも、ドメインを申請して使用する権利を支払っているのです。つまり私はWordPressサイトを運営するのに、15200円ほど毎年払っている計算になります。高いですね〜。