ブログのURLを変えたら301リダイレクトで新しいURLへ自動転送させよう。

以前【手順】WordPressをphpMyadminやSQLを使わず、XMLファイルを作成して簡単に引っ越す方法というWordPressのサーバー引越し記事を書きました。


ここで問題があって、URLに日本語を使っていたせいで引っ越したあとにパーマリンクがめちゃめちゃになり、404エラーか大量に発生するトラブルが起きました。Google search consoleで確認すると1日に200件以上発生していた模様。。。


WordPressではパーマリンクはユーザーの好きなものに設定できます。パーマリンクについて簡単に説明すると、URLの末尾のステータスです。


パーマリンク イメージ 1


パーマリンクは原則英数字で作成するのが基本です。他のサイトではたまに日本語のURLもありますが、Twitter等で引用しにくいという問題があるため、すべて英数字とするのが現在は無難です。


どうやらXMLで引っ越しを行うと、WordPressの場合日本語のURLが意味不明なパーマリンクにモディファイされてしまうようなのです。WordPressでサイトを立ち上げた時に実験的に日本語URLで設定してみたのですが、これが仇となりました。


パーマリンク イメージ 2


そのため、これはブログを引っ越してたから70件近い記事のURLと301リダイレクトのを全部再設定し直しました。 本エントリーではパーマリンクを日本語にしてしまった場合に任意のURLに301リダイレクトする方法を書きます。


パーマリンク イメージ 3


詳しい手順はこちらの記事を参考にしました。


Redirectionプラグインの使い方

WordPress 日本語URLをエンコードして301リダイレクトさせる方法

以下に作業を簡単に書きます。


①:パーマリンクがおかしくなってしまったURLをすべて任意の英数字のURLに手動にて変更。

②:WordPressのプラグインである、Redirectionをインストール

③:Redirectionをアクティベート

④:WordPressの管理画面でツール>リディレクション>グループを追加

⑤:転送ルールを追加:任意のURLと転送先URLを記載して任意のURLへ転送。これを転送したいURLですべて繰り返す。


参照サイトさんの方がより詳しく書いてありますが、うちのブログでも紹介します。


②-③:WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加で“Redirection”と検索してプラグインをインストールします。インストールしたらWordPressの管理画面>プラグインでリディレクションを「有効」にします


パーマリンク イメージ 4


④WordPressの管理画面でツール>リディレクションをクリック。


パーマリンク イメージ 5


画面上部にあるグループをクリックします。


パーマリンク イメージ 6


ここでグループを追加の項目があるので、名称を任意のものにして追加します。私は“Redirection”としました。名称を決めたら「追加」をクリックします。


パーマリンク イメージ 7


⑤任意のURLへ転送します。ソースURLが転送前のURLで、ターゲットURLがユーザーが設定した転送後のURLです。ここを間違えないように注意します。


さて、URL転送では2つのパターンがあります。パーマリンクを「英数字→英数字」に転送するか、「日本語(または英数字と日本語の混在URL)→英数字」というパターンです。


まずは「英数字→英数字」のパターンです。これは特に問題ありません。好きなURLに301リダイレクトが実行されます。これはただ単にパーマリンクを変更したいときにも有効でしょう。


パーマリンク イメージ 8


もう一つが、「日本語(または英数字と日本語の混在URL)→英数字」というパターンですが、日本語のURLをそのまま入力しても転送されませんので日本語をエンコードする必要があります。そのときに役立つのがこのサイトさんのツールです。無料で使用できます。本当にありがたいことです。


さて、入力したい日本語を入力して「変換する」をクリックすると、日本語がエンコードされるので、これをコピーします。例では「りんごときらら」をエンコードしています。


パーマリンク イメージ 9


例えば転送したい元のURLが“http://ringo-kirara.com/りんごときらら”だった場合、以下のように記述してあげれば、無事に任意の英数字のURLに転送できるようになります。この作業を繰り返してください。


パーマリンク イメージ 10


あとがき


WordPressの引っ越しのみならず、URLをユーザーが変更してしまうとGoogle上では以前のURLのままインデックスされているため404ページとしてエラーを吐き出してしまうことが多々あります。これはSEOにも良くありませんし、ユーザーの大きな機会損失となるため要注意です。そんなときは、以上のツールや手順を参考に指定のURLへユーザーを誘導してあげましょう。