Adobe Photoshop CC 2018の「被写体を選択」がすごい

今年、Adobe Photoshop CC 2018にCS6から乗り換えました。目玉なのは、写真の中の被写体を自動的にPhotoshopが選択してくれる「被写体を選択」機能です。数種類の写真で動作確認しましたので記事にします。

 
【環境】

●MacBook Pro 15-inch late 2013 (macOS High Sierra 10.13.3)
●Adobe Photoshop CC 2018 (19.1)

 

被写体を選択の利用方法

●Photoshop CC 2018 (19.1以降)のインストール

●写真を開いて、選択範囲>被写体を選択をクリック

 
Adobe Photoshop CC 2018の被写体を選択がすごい 1

 
以上の操作で、人工知能が写真の中心と思われる被写体を自動的に選択してくれます。

 
Adobe Photoshop CC 2018の被写体を選択がすごい 2

微調整には過去に書いた下記の記事を参照ください。

Photoshopで画像を切り抜く3種類のテクニック

2018.01.21

 


“被写体を選択”を使ったサンプル

ロッドとリール

SHIMANOのワールドシャウラと、カルカッタコンクエストの組み合わせています。一発でココまで切り取られたのは驚きでした。

 
Adobe Photoshop CC 2018の被写体を選択がすごい 3

 
しかしここまで綺麗に切り抜いたケースはかなりレアらしく、なつきさん(@Stocker_jp)によると、認識してくれる条件は下記のようです。

 

日産ノートe-power

日産自動車のノートe-powerで実行してみました。周りにも大きなオブジェクトがあるにも関わらず、きちんと主役が選択されています。

 
Adobe Photoshop CC 2018の被写体を選択がすごい 4

 

魚(ヤマメ)

最後に魚の写真を加工してみます。魚の場合、天然ものなのでヒレが半透明であるなど実は複雑なオブジェクトです。この場合、尾びれの一部が認識されていません。他の魚の写真でもヒレ周辺の認識はまだまだといったところですね。

 
Adobe Photoshop CC 2018の被写体を選択がすごい 5

 

あとがき

まきし

Photoshop CC 2018を導入して正解でした。今まで苦労して選択していた作業が、この「被写体を選択」を用いることで、ざっくりと選択>微調整となりかなり工程が楽になりました。もうCS6に戻れないと思います。

よろしければシェアお願いします!