AirTag

探すアプリでAirTagを「探す」ボタンが表示されないときの対処方法

どうもみなさんこんにちは。まきし(@Maxy_Ringo)です。

 
今回の記事では、AirTagを「探す」アプリで探した時に、あと何メートルまでがわかる「探す」ボタンが表示されない時の対処法を書きましょう。

 
iPhone 11とiPhone 12シリーズはUWVに対応しているため、AirTagの位置を「方向と距離」をアプリで表示ができます。これはAppleのイベントでもデモされていました。

 
しかし、設定によっては「探す」ボタンが表示されないことがあり、今回の記事ではAirTagを探すボタンを表示させる方法を書いていきましょう。

 

環境

  • iPhone 12 Pro MAX
  • iOS 14.5.1

 

設定アプリで、「探す」アプリの設定を見直そう。

設定アプリで「プライバシー」>「位置情報サービス」を開きます。

 
続いて「探す」アプリをタッチします。

位置情報の利用を許可のチェックに、「このAppの使用中のみ許可」にチェックを入れ、「正確な位置情報」にもチェックを入れましょう。

 

探すボタンが表示される

「探す」アプリで、AirTagを選択します。

 
探すアプリで、「探す」ボタンが表示されています。タップすると、AirTagを側位することができます。

 
前の工程で、位置情報の利用を「許可しない」場合はUWVは利用できず、AirTagの正確な位置をトラッキングできません。代わりに「経路」ボタンが表示されてしまいます。AirTagを利用するときは必ず位置情報の利用を許可しておきましょう。

 

AirTagの正確な位置を表示する。

AirTagを選択した状態で、「探す」をタップします。

 
探すアプリでAirTagを「探す」モードに入ることができます。iPhoneに距離と方向が表示されますよ。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,800 (2021/09/17 16:08:28時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-AirTag
-, ,