Apple Watch

【保存版】Apple WatchのGPS版とセルラー版の違い

どうもこんにちは。まきし(@Maxy_Ringo)です。今回の記事では、Apple WatchのGPS版とセルラー版の違いについて徹底的に解説していきたいと思います。

 

Apple WatchのGPS版とセルラー版の選択

Apple WatchにはGPSモデルとセルラーモデルの2種類が存在します。例えばApple StoreオンラインでApple Watch Series 6を選択すると、下記のような画面が表示されます。

 
ここでGPS版かセルラー版を選択できます。結論から言えば、おすすめなのはGPS版です。Apple Watchをより便利に、業務にも使いたい方にはセルラー版をおすすめしたいです。本エントリーではGPS版とセルラー版の違いについてしようと機能面からご紹介していきます。

 

Apple Watch GPS版とセルラー版の違い

GPS版とセルラー版の大きな違いとしては、GPS版がiPhoneとペアリングをして通信を行うのに対して、セルラー版はeSIMと呼ばれるチップが内蔵されており、Apple Watch単体でも携帯電話の電波であるLTEで通信ができる非常に便利なモデルになります。

 
通常、Apple Watchに表示される通知などの情報はiPhoneの情報をミラーリングしたものになります。そのためiPhoneとApple WatchがBluetoothでペアリングしている状態がApple Watchの機能を100%活かすために必要な条件です。

 
しかし、iPhoneがいつもそばにいるわけではなく例えばランニングにApple Watchだけで行ったり、家にiPhoneを忘れたり、iPhoneの充電が切れたりとつねにiPhoneがペアリングしているかと言われるとそうでもない事実があるわけです。

 
そこでセルラー版のApple Watchがあれば、Apple Watch単体でLTEで通信ができるため、iPhoneがなくても電話やLINEの受信、iDなどの電子マネーでの買い物が可能となっていま。これはApple Watchの使用範囲と用途がぐっと広がるので良いですね。

 

Apple Watchセルラー版契約にはキャリアとの契約が必要

Apple Watchのセルラー版の通信を利用するためには、auやdocomo、SoftBankの3大キャリアで契約する必要があります。ちなみにApple Watchの通信プランは月々500円ほどとかなり安いので、キャリアと契約している方の特権と言えるでしょう。2021年5月現在は格安SIMやahamoなどの格安プランで利用することができません。

 
インフラ等の関係で、iPhoneの電話番号でApple Watchのセルラー版が通信できる仕組みを提供できるのが3大キャリアのみに限られているのが現実のようです。そのためApple Watchのセルラー版を使うためには3大キャリアで契約が必須というのが現実となっています。ここはもう少し格安SIMのベンダーさんもApple Watchのセルラー版を契約できると競争が進んで良いと思うのですが。。

Apple Watchをドコモでチェック

Apple WatchをSoftBankでチェック

 

Apple Watchセルラー版の活用例

以下にApple Watchセルラー版の便利な活用例について書いていきましょう。

 

Apple Watch単独で通話・LINEなどのコミュニケーションが可能です。

Apple Watch単体でLTEを使った通話とLINEを使ったコミュニケーションが可能になります。これはランニング中に家族とコミュニケーションを取れることはもちろん、カメラ付き携帯電話の使用が禁じられているエリアで通話ができるので、超小型の携帯電話的な使い方も可能になります。

 
ただApple Watchのスピーカーから出力される電話は周囲にだだ漏れなので、AirPodsなどのBluetoothのイヤフォンとApple Watchを組み合わせたほうがより快適に通話ができますよ。

 

Apple Watch単独でiDやQUICPayなどの電子マネーが利用できます。

以前iPhoneで電子マネーのiDを利用する記事を書いたのですが、Apple Watchセルラー版を利用することで、Apple Watch単体で買い物ができるようになります。

 
近所のコンビニに散歩がてら買い物に行くだけの用途や、ランニング中の買い物であればiPhoneがいらず手首のApple Watchだけで買い物ができるのはなかなか革命的なユーザー体験となると思います。もちろんiPhoneとペアリングしている状態ならばGPS版でもApple Watchで買い物ができますよ。

 

ストリーミングのAppleミュージックをApple Watch単体で利用できます。

Appleミュージックは7500万曲以上の楽曲をクラウドから利用できるのですが、Apple Watchセルラー版なら単体でAppleミュージックを楽しむことができます。

 
これはかなり便利で、例えばランニングやワークアウトのときにiPhoneを持っていない状態でクラウドにある音楽を楽しめるのはかなり良いですね。ワークアウトが本気の趣味で、ランニング中にあらゆる音楽を楽しみたいのならApple Watchセルラー版はかなりおすすめできるでしょう。

 

GPS版とセルラー版どちらが良いのか?

Apple WatchのGPS版とセルラー版どちらが良いのかと聞かれると、私としてはiPhoneを3大キャリアの通信プランで契約していてApple Watchを購入したい場合はセルラー版のほうが便利かと思います。Apple Watchは2-3年以上使えるので、単独で通信できるApple Watchは非常に魅力的ですし、ユーザーの用途が広がるのは非常に良いと思います。

Apple Watchをドコモでチェック

Apple WatchをSoftBankでチェック

 
月々の通信費などのランニングコストを抑えたくて格安SIMやahamoなどの格安プランを使っている人は、GPS版のApple Watchが現状無難だと思います。また、セルラー版Apple WatchはGPSバント比較して本体価格が12000円ほど上がってしまうので、Apple Watchをとにかく安く入手したいという方にはGPS版が良いと思います。

 
最後にに、どうしてもキャリアとの契約が必要なApple Watchセルラー版はややニッチな面もあるので今後キャリアに関わらず格安SIMでもセルラー版が利用できるようになれば良いと思うのですがいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Apple Watch
-, , ,