MacBook Pro RetinaとFull HD ディスプレイの「実際の見え方」の比較

現在私はMacBook Pro Retina 15-inchと外部ディスプレイにEV2450(1920×1080)を組み合わせて使用しています。Macの方はRetinaディスプレイで2880×1800を1440×900(HiDPI)として使用しており、AppleがiPhone4から言い始めた“Retina”ディスプレイとなっています。

 
コメントにてMacBook Pro Retinaと普通のディスプレイでは表示にどのように違いがあるのかという疑問を頂きました。確かにMacBook Pro Retinaは決して安い買い物ではないので、「実際の見え方」にどれくらいが差があるのかはきになるもの。

 
そこで、今回は私のMacBook Pro Retina 15-inchとFull HD(1920×1080、EIZOのEV2450)のディスプレイの見え方について実際の写真を使って比較したいと思います。

 
表示アプリ:Safari、iTunes、Aperture

 
表示ディスプレイ

・MacBook Pro Retina 15-inch(2880×1800)

・EV2450(1920×1080)

 

・そもそもRetinaディスプレイとは何か

 
私のブログでも何度か取り上げていますが、RetinaディスプレイとはHiDPI表示させて1pxを2pxでレンタリング(画像のように2×2pxで1×1pxを表現する。)して、ppiを増やす技術のことです。例えばMacBook Pro Retina 15-inchの場合液晶解像度は2880×1800ですが、Retinaディスプレイとして1440×900の表示領域で表示することで画像や活字綺麗になるわけです。

 
Retina解像度について1px-2px

 
・実際にRetinaディスプレイとFull HDを「視覚的に」表現してみた。

 
実際にMacBook Pro RetinaとEV2450にSafari、iTunesそしてApertureを表示し、ディスプレイから距離はほぼ一定となるように心がけてiPhone 6s Plusにて写真を撮影してみました。実際に見比べたほうがわかりやすいと思います。

 
○Safariの活字の比較(当ブログ、りんごときらら)

 
2012年のAppleのKeynoteでもAppleのボブ・マンズフィールド氏が“Typography(活字)がPrintings(印刷物)よりも鮮明に映る。”と言っていましたが、あながち間違いではなさそうです。左がRetinaで右がFull HDのディスプレイの表示です。

 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-Safari

 
MacBook Pro Retinaは文字がiPhoneのようにシャキッとしており、にじみやギザギザがほとんどありません。(Full HDの方が波打っていますが、これは偏光フィルターがカメラで映ってしまったためです。実際に目で見るときには見えないのでご安心を。)もちろん目の距離にも寄ると思いますが、Safariの文字がとても綺麗で見やすいです。

 
○iTunesのジャケットの比較

 
サンプルとして、back numberの「繋いだ手から」のジャケットにて比較してみました。iTunesのジャケットとして600×600で登録しています。

 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-iTunes

 
Full HDのディスプレイでももちろん十分に綺麗なのですが、Retinaディスプレイはまるで印刷物のように表示してくれることを確認しました。注目すべきポイントはFull HDではドットが見えてしまっているのに対して、Retinaではディスプレイのドットが見えないこと。iTunesでジャケットをきちんと登録しているユーザーは驚くと思います。

 
○Apertureの写真を比較

 
Apertureで私の愛用のSHIMANO STELLA FW2500Sを100%表示で比較してみました。文字の鮮明な感じと金属の質感がかなり違いますね。

 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-Aperture

 
・MacBook Pro Retinaの見え方の注意点

 
いいコトずくめなように見えるRetinaディスプレイですが、Retinaディスプレイに対応していないアプリではメニュー等の文字がギザギザに見えて違和感が大きいです。そのため、アプリによってはFull HDのEV2450の方が綺麗に見える場合もあります。まあ最近のアプリはほとんどRetinaに対応しているので、あまり違和感は無いとは思います。

 
まとめとあとがき

 
・アプリがRetina対応の場合

MacBook Pro Retina:Retinaとしてのシャッキリとした鮮明な見え方。

非Retinaディスプレイ:非RetinaのiMacやMacBook Airのような通常のアプリの見え方。

・アプリがRetina非対応の場合

MacBook Pro Retina:スケーリングにより文字がギザギザで表示

非Retinaディスプレイ:ギザギザも無く、通常のアプリの見え方。

 
RetinaディスプレイのMacを使用して2年くらい経過しますが、文字や写真等の画像に関してはかなり綺麗に表示してくているので、文字入力やPhotoshopやIllustratorがとても楽しいです。iPhoneで慣れてしまったユーザーでもMacBook Pro Retinaの表示品質には満足するはずです。

 
ただし、HiDPIに対応していないアプリやウェブサイトもまだまだあるので、私はMacBook Pro RetinaのセカンドディスプレイとしてFull HDのEV2450と併用することで「見え方」の確認もできるというわけです。全てのユーザーがHiDPIの環境とは限りませんからね。

よろしければシェアお願いします!

2 件のコメント

  • 記事拝見しました!
    事細かにありがとうございますm(_ _)m

    Retina Macでの、
    対応アプリ表示の美しさと非対応アプリ表示の酷さは
    店頭でも確認していて、
    とくに非対応アプリの「ギザギザなうえにボケてる」というヒドさは
    目を疑うほどのヒドさで、非Retina環境がまだ必要な自分としては
    これは買い換えれないなぁと諦めていました。

    でもRetina Macに外部ディスプレイだと、
    しっかりとドット表示であることが視認できる
    非Retina Macとおなじ表示になるということでございますね!
    (モニタ差や個人差はあるとおもいますが)
    わたくし的には非Retina外部ディスプレイではドットなギザギザが
    ハッキリクッキリみえる方がありがたいので。

    これでRetinaなMacBookPro(狙い目は一世代前)への買い替えに踏み切れそうですヽ(*´∀`)/
    ありがとうございます(ノ*>_<)ノ ハハーッ

    • pokopokoさん,記事のご確認ありがとうございます.

      >でもRetina Macに外部ディスプレイだと、
      しっかりとドット表示であることが視認できる
      非Retina Macとおなじ表示になるということでございますね!
      (モニタ差や個人差はあるとおもいますが)

      仰るとおりです.外部ディスプレイでは,ドットバイドットで
      非RetinaのMacと同じ表示になります.画像の比較通り,ドットは見えていますね.
      そのため,外部ディスプレイを使用すればiMac(非Retina)と同じような表示ができるはずです.

      >これでRetinaなMacBookPro(狙い目は一世代前)への買い替えに踏み切れそうですヽ(*´∀`)/

      MacBook Pro Retinaはかなりおすすめの機種ですね.
      マシンパワーもありますし,色々な用途に快適に使えるはずですよ!