iPhone

2021/4/12

iPhoneのスクリーンショットの「カシャ音」を消す方法と画面のスクリーンショットの撮影方法

どうもこんにちは。まきし(@Maxy_Ringo)です。今回はiPhoneのTipsの記事を書きたいと思います。   今回ご紹介するのは、iPhoneのスクリーンショット音を削除する方法になります。例えばiPhoneのSafariでWebを読んでいて、画像を保存しておきたいときに「スクリーンショットの撮影音が気になる」という方はぜひ参考にしてみてください。 目次1 環境2 iPhoneをマナーモードに設定する2.1 マナーモードをONにしたときの画面の表示3 スクリーンショットの撮影方法3.1 ...

ReadMore

通信プラン

2021/4/9

eSIMを使うなら老舗のIIJmioの新プラン「ギガプラン」で2GB月々税込み440円で運営できてよさそう。

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回ご紹介するのは、話題のeSIMが月額400円でデータ通信量は2GBを利用できるIIJmioのギガプランをご紹介しましょう。   IIJmioのギガプランへのリンク:   目次1 どんな人がIIJmioのギガプランに向いているか2 IIJmioギガプランの概要2.1 IIJmioギガプランのeSIMが月額税込み440円と破格3 あとがき どんな人がIIJmioのギガプランに向いているか IIJmioのギガプランが向いている人は下記のような方 ...

ReadMore

iPad

2021/4/7

iPhoneで接続したWi-FiのパスワードをiPadに共有する方法

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回の記事では、iPhoneでWi-Fiに接続したときにWi-FiのパスワードをiPadに送信する方法を書きましょう。   とは言えかなり簡単な方法なので、外出先で「iPhoneで接続したWi-FiをiPadでもすぐに使いたいな」というときにとってもおすすめです。   目次1 まきしの環境1.1 共有するための条件2 iPhoneでWi-Fiに接続する。3 iPadでiPhoneに接続したいWi-FiのSSIDをタップする。4 iPhoneか ...

ReadMore

iPhone

2021/4/7

「ご本人様不在の為お荷物をお持ち帰りました。」メールへの対処法。

どうもこんにちは。まきし(@Maxy_Ringo)です。今回はまたしても怪しげなショートメール(SMS)を受信しましたので、そのメールの内容と対処方法について記事にしましょう。   以前はAmazonを語った危険なメールをご紹介しました。このときの対処法についても下記記事で挙げております。 Amazonからの偽物メールに要注意!偽物メールの見分け方と対処方法どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。先日Amazonを名乗るものからメールが来たので当サイトでも注意喚起し、対策について書いていきま ...

ReadMore

RX100 M5A

2021/3/31

SONYのコンデジRX-100シリーズ用液晶保護フィルム“PCK-LM15”レビュー

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回はSONYのRX-100シリーズ用液晶保護フィルム“PCK-LM15”をレビューしていきましょう。私は愛用のRX-100M5Aにこの液晶保護フィルムを使っています。 SONY RX100 M5Aレビュー、iPhoneユーザーにおすすめできる一台今年の夏に奮発してSONYのRX100 M5Aを購入しました。理由としては以下になります。 iPhone Xのカメラの画質に不満が出てきた。旅行に行ったときにきれいな写真で思い出を残したい。カメラの知識を多少 ...

ReadMore

Mac

2021/3/31

2枚組のCDをミュージックアプリ(iTunes)で1つのアルバムにまとめる方法

  どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。今回はミュージック(iTunes)アプリで、2枚組(実は3枚以上も)のアルバムを、アプリ上のでは1つのアルバムにまとめる方法を書きます。   macOSではver 10.15のCatalinaからiTunesではなくミュージックアプリに変更されたため、ミュージックアプリとiTunesを同一とみなします。この記事では以下よりミュージックアプリに名称を統一します。基本的にミュージックもiTunesも操作は同じです。   目次1 まき ...

ReadMore

ライフスタイル

2021/3/29

Amazonからの偽物メールに要注意!偽物メールの見分け方と対処方法

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。先日Amazonを名乗るものからメールが来たので当サイトでも注意喚起し、対策について書いていきましょう。   Amazonを名乗るものからメール(SMS)が届く Amazonから「プライムのお支払いに関する」メールが届きます。   このメールを開けてみると妙なことがわかりました。Amazon.co.jpではなく、“amaozn”となっています。これはタップするURLをきちんと見ないと気が付かないでしょう。   また、.co.jpに続 ...

ReadMore

iPhone

2021/4/9

【噂】iOS 14.5のリリース日はいつなのか開発者のTwitterをもとに配信日を予想。

どうもまきし(@Maxy_Ringo)です。Apple WatchでiPhoneをアンロックできるなど追加機能が多く期待しています。   iOS 14.4.2がリリースされるなど、最近iOSのアップデートはバグフィックスがメインなのでiOS 14.5のReleaseがいつなのかヤキモキしていました。   そんな折、ロシアの開発者の方がTwitterでiOS 14.5のリリース日についてTwitterでリプライを頂きました。この話は噂程度として捉えてください。   iOS 14 ...

ReadMore

Mac

MacBook Pro RetinaとFull HD ディスプレイの「実際の見え方」の比較

現在私はMacBook Pro Retina 15-inchと外部ディスプレイにEV2450(1920×1080)を組み合わせて使用しています。Macの方はRetinaディスプレイで2880×1800を1440×900 (HiDPI)として使用しており、AppleがiPhone4から言い始めた“Retina”ディスプレイとなっています。
 
コメントにてMacBook Pro Retinaと普通のディスプレイでは表示にどのように違いがあるのかという疑問を頂きました。確かにMacBook Pro Retinaは決して安い買い物ではないので、「実際の見え方」にどれくらいが差があるのか気になるもの。
 
そこで、今回は私のMacBook Pro Retina 15-inchとFull HD(1920×1080、EIZOのEV2450)のディスプレイの見え方について実際の写真を使って比較したいと思います。
 
表示アプリ:Safari、iTunes、Aperture
 
表示ディスプレイ
・MacBook Pro Retina 15-inch(2880×1800)
・EV2450(1920×1080)
 

Retinaディスプレイとは

 
RetinaディスプレイとはHiDPI表示させて、 2×2pxで1×1pxを描写して、ppiを増やす技術のことです。例えばMacBook Pro Retina 15-inchの場合液晶解像度は2880×1800ですが、Retinaディスプレイとして1440×900の表示領域で表示することで画像や活字がなめらかになるわけです。
 
Retina解像度について1px-2px
 

RetinaディスプレイとFull HDを写真で表現

 
実際にMacBook Pro RetinaとEV2450にSafari、iTunesそしてApertureを表示し、ディスプレイから距離はほぼ一定となるように心がけてiPhone 6s Plusにて写真を撮影してみました。実際に見比べたほうがわかりやすいと思います。
 

Safariの活字の比較

 
2012年のAppleのKeynoteでもAppleのボブ・マンズフィールド氏が“Typography(活字)がPrintings(印刷物)よりも鮮明に映る。”と言っていましたが、あながち間違いではなさそうです。左がRetinaで右がFull HDのディスプレイの表示です。
 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-Safari
 
MacBook Pro Retinaは文字がiPhoneのようにシャキッとしており、にじみやギザギザがほとんどありません。(Full HDの方が波打っていますが、これは偏光フィルターがカメラで映ってしまったためです。実際に目で見るときには見えないのでご安心を。)もちろん目の距離にも寄ると思いますが、Safariの文字がとても綺麗で見やすいです。
 

iTunesのジャケットの比較

 
サンプルとして、back numberの「繋いだ手から」のジャケットにて比較してみました。iTunesのジャケットとして600×600で登録しています。
 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-iTunes
 
Full HDのディスプレイでももちろん十分に綺麗なのですが、Retinaディスプレイはまるで印刷物のように表示してくれることを確認しました。注目すべきポイントはFull HDではドットが見えてしまっているのに対して、Retinaではディスプレイのドットが見えないこと。iTunesでジャケットをきちんと登録しているユーザーは驚くと思います。
 

Apertureの写真を比較

 
ApertureでリールのSHIMANO STELLA FW2500Sを100%表示で比較してみました。文字の鮮明な感じと金属の質感がかなり違いますね。
 
Retina Mac-Full HD-見え方-比較-Aperture
 

MacBook Pro Retinaの見え方の注意点

 
いいコトずくめなように見えるRetinaディスプレイですが、Retinaディスプレイに対応していないアプリではメニュー等の文字がギザギザに見えて違和感が大きいです。そのため、アプリによってはFull HDのEV2450の方が綺麗に見える場合もあります。まあ最近のアプリはほとんどRetinaに対応しているので、あまり違和感は無いとは思います。
 

まとめ

 
-アプリがRetina対応の場合
MacBook Pro Retina : Retinaとしてのシャッキリとした鮮明な見え方。
非Retinaディスプレイ: 非RetinaのiMacやMacBook Airのような通常のアプリの見え方。
-アプリがRetina非対応 の場合
MacBook Pro Retina : スケーリングにより文字がギザギザで表示
非Retinaディスプレイ : ギザギザも無く、通常のアプリの見え方。
 
RetinaディスプレイのMacを使用して2年くらい経過しますが、文字や写真等の画像に関してはかなり滑らかに表示してくているので、文字入力やPhotoshopがとても楽しいです。iPhoneで慣れてしまったユーザーでもMacBook Pro Retinaの表示品質には満足するはずです。
 
ただし、HiDPIに対応していないアプリやウェブサイトもまだまだあります。そこで私はセカンドディスプレイとしてFull HDのEV2450と併用することで「見え方」の確認もできるというわけです。全てのユーザーがHiDPIの環境とは限りませんからね。

  • この記事を書いた人

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら、Apple製品を中心に記事を更新中。Apple製品ではiMac 5Kがお気に入り。 Apple製品に魅せられて10年。趣味は釣りとドライブで、やっぱり車が好き。2020/11/22に結婚しました。

-Mac
-, , ,

© 2021 Apple Compass