英検2級のおすすめの勉強法とテキスト、面接対策

英検2級は高校卒業程度の英語力と定義されています。(http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/)このレベルは日常会話ならなんとか理解できるし、辞書を引けば英文も読めるレベルと言えるでしょう。

 
2級は私が高校生のときに取得した資格です。英語を将来得意にしたいならまずは英検2級を高校生のうちに取得してしまったほうがいいです。大学に入った後も英語はそのまま論文読むときに役立つ(国立大理系では英文の論文をいっぱい読みます。)し、最新のテクノロジーや海外のニュースは英語です。

 
また、社会人になった方でも取得をお勧めします。企業に入るとTOEICの方が重要視されますが、TOEICはテクニックがあれば400-500点程度ならなんとかなるし、TOEICの語彙はちょっと偏っているのでサイエンスやヒストリー、メディカルなど話題が満遍なく出題される英検のほうが英語学習を長い目で見るとお得な部分が多いです。2級は面接もありますからね。(TOEICを本気で勉強したいなら英検2級を取るべき理由)

 
☆2級は高校レベルの英語!現役の高校生なら今のあなたの教科書がテキストです。

 

Maxy

下記のテキストを当ブログでは推奨しています。

語彙対策:CD付 絶対合格 英検2級
総合対策:2017年度版 英検2級 過去6回全問題集
総合対策:英検2級予想問題ドリル 新試験対応版
リスニング対策:英検2級リスニング問題120

 
私は県内で3番目の県立高校に入学したのですが、私の高校では英語に関して特に力を入れていました。そのため、まともに勉強していればセンター試験で全く困ることはなかったです。徹底してリーディングとリスニング、グラマーを勉強して基礎を徹底的に学習させられました。おかげで高校のとき塾に一切行かず、学校の勉強だけで英検2級が取れました。

 
高校のテキストは進学校のものならちゃんと解説もあるし、教科書をリファレンスとして徹底的にやりましょう。理想としてはわからない単語がないレベル。理想は全ての文章を覚えるくらいです。できれば是非口に出して音読しましょう。

 
英語は所詮言語です。音の情報はとてつもなく重要。自分で聞いた音を口に出すことで、脳を刺激し読むだけよりも数倍も効率よく記憶できます。

 
☆語彙力:絶対合格英検2級と過去問集を徹底的にやりこめ!

 
いよいよテキストになります。旺文社の絶対合格英検2級と英検2級 過去6回全問集はマストバイでしょう。一通りの問題が網羅されているしリスニング問題も収録されているのでテストの練習にもなります。

 
まずは英検の問題形式に慣れるということがとても大切です。英検は3級から準1級まで持っていますが、英検の問題は難易度以外、形式はほとんど変わりません。そのためテスト形式になれるというのは極めて重要です。

 
中でも2級にある冒頭の20問の語彙問題は、目標として語彙問題で分からない単語はないくらい学習しましょう。2級の単語は英文を読むのにはマストなものしか網羅していません。だから高校卒業程度なのです。

 
☆仕上げは予想問題集で。

 
テスト前2週間を切ったらこちらのテキストで総仕上げ。おすすめはこのテキスト、英検2級予想問題ドリル 新試験対応版を使います。漏れてしまった単語を学習できることに加えて、自分がどれくらい学習できたか確認できます。このテキストと絶対合格をやりこんでしっかりと学習すれば特に問題ありません。

 
☆リスニングは徹底してCDを使って勉強。身近な話題もテーマになる。

 
リスニングは大きな得点源なので、なるべく漏らさないほうが良いです。テキストのCDはiPodやiPhone等に同期して常に持ち歩きましょう。リーディングと比較してハードルが高いのがリスニング。私が受けた当時の感触はセンター試験よ難しかったです。

 
そのため、できればリスニング専用のテキスト、英検2級リスニング問題120を使って学習しましょう。一通り説いてから、間違った問題を何度も繰り返してときましょう。できれば発音も勉強しておくともっと楽に英語が聞き取れるのですが、2級までは特に発音を勉強する必要はないかと思います。

 
また、普段から色々な情報に目を向けたほうが良い。ライフスタイルの話として、ジーンズの歴史とかすごく身近なテーマが話題にのぼることがあります。自分がその分野について知っていれば英語を聞かなくても理解できるのでボーナスとなります。

 
☆ノートブックで学習記録をつける

 
ルーズリーフでも良いのですが、私はノートブックを推奨しています。資格学習なのでKOKUYOなどの良いノートブックを使いましょう。私は現在1級を学習していますが100ページのものを使っています。理由は30ページだと、30ページなんてあっという間に消化してしまうので、ノートが無駄に増えてしまい学習の進捗度を確認しにくくなるからです。もうひとつはしっかりと勉強した記録がノートとして残るので自信がつくからです。テスト前にノートを見て「これだけやったから大丈夫!」と挑みましょう。

 
英語 勉強ノート

 
☆ライティングは型があるので練習あるのみ。幼稚な英文でも良。

 
こればかりはテキストで練習しましょう。ヒントは以前の準一級の記事で書いたのでご参考に。ライティングに関しては練習あるのみなのですが、できればだれかに添削してもらうと良です。地味に大切なのが文法ミスとスペリングミス。地味に減点されるので単語に自信がないなら単語のレベルを下げましょう。例えば「予約が必要」と言いたいとき、

 
“It requires a reservation.”

が私の好みですが、requireがわからなければ

“It needs a reservation.”

で十分です。ミスをするくらいなら単語のレベルを下げるのも時には必要です。参考記事:英検準1級のおすすめのテキストと勉強法,2次対策,戦略

 
☆2次試験の面接はまず通ります。

 
2級までは面接はとてもイージーです。よほどのミス(黙ってしまい何も答えられないなど)がなければ通ります。2級の面接の流れとしては

 
1.試験官と短めの挨拶

2.イラストの問題カードを渡されて、黙読→音読

3.問題をNo.1からNo.4まで順番に応答。

No.1-2はイラストに関する問題

No.3-4はあなたの意見を答えます。

4.問題カードを返却して終了。

 
とたったこれだけです。テキストを使い、自分で答えを作りながら自問自答してください。テキストの答えは模範解答なので、自分と多少意見がちがっても気にしないように。ちなみに発音はちゃんと文章になっていれば問題ないかと。日本語風の英語でもいいので、はっきりしっかり応えるようにしてください。

 
英語でのコミュニケーションの練習のためどうしても話すのが苦手な方は、受験の前にDMM英会話などで「英語で話すこと」に慣れることも時には必要でしょう。

 
英語を普段聞かない人はフルハウスなどのアメリカのホームドラマやAppleのKeynoteなどを聞いてとにかく英語に慣れてください。余談ですが、私は英検一級を受験する前は必ずAppleのKeynoteを聞いてから自分がプレゼンテーターになった気持ちで受験します。できればセリフもシャドーイングして自分のものにしてしまうと良い。

 
ついでに大切なのは、礼儀正しさ(Courteous)。私は面接で必ず退出間際に“Thanks for today. Have a nice holiday.”と行ってから退室します。扉のノック3回から退室の扉を閉めるまでが試験ですよ。

 
あとがき

 
英検は2級から難易度が上がります。準2級は高校生のとき当時ノー勉で1発合格。調子に乗って2級を受けたらボロボロに負けて涙を飲んだことがあり、2回目のリベンジで合格しました。2級は普段英語を使わない人には歯ごたえのある難易度なので、TOEIC学習者にもおすすめですよ。この記事が多く2級の受験者の参考になることを願います。

よろしければシェアお願いします!