iMac 2020モデルに悲願のSSDが標準装備!お得に買うならApple Store以外で購入するのもあり。

Mac

どうもまきしです。iMac 2020モデルがリリースされました。iMac 2017をおととし購入した身としては、当時盛り盛りのスペックで購入したので少しずつスペックが離されている気もします。。

iMac 5K 2017 レビュー: 本当にコスパの良いMacはiMacだ!
iMac 5Kの2017年モデルを購入したのでレビュー、処理速度、デザイン、メモリ、画面サイズについてを詳細にレビューしている。

 
とはいえ、大好きなiMacがマイナーチェンジされること=iMacが進化することなので、今回はiMac 2020のマイナーチェンジについての特徴について紹介してきましょう。

 

iMac 2020モデルは悲願のSSDが標準装備に!

iMac 2020モデルはなんとSSDが標準装備になりました!今までiMacにSSDを搭載するにはApple StoreでCTOでオーダーする必要がありましたが店舗でサクッと吊るしを買ってもSSDが搭載されているのは大きなアップデートです。
 

 

 
私はiMacこそ、フュージョンドライブではなくSSDで使うべきと紹介してきましたのでこの進化は嬉しいですね。

iMacのカスタム(CTO)でフュージョンドライブかSSDかで迷ったときに読む記事
iMacの購入について悩むのが、ストレージをフュージョンドライブ(FD)にするかSSDのどちらにするかということ。 結論としてハイパフォーマンスで使いたいならSSDを強く推奨します。私は今年iMac 5Kを買ったときに、標準のフュージ...

 
※フュージョンドライブは21.5インチモデルでCTOでのみオプションが残っており完全になくなったわけではありません。

 

27インチモデルはプロセッサーにIntel第10世代が搭載されました。

Intel第10世代のIce Lakeを搭載し、プロセスルールで10nmのチップを搭載しています。今までのCPUは14nmのプロセッサーだったのでこれは嬉しい進化です。

【CPU】10世代までのIntel Coreシリーズのコードネームとプロセスルールをまとめてみた。
どうもまきしです。Appleが「Apple Silicone」として、ARMベースの自社製のプロセッサーをMacに搭載すると発表しました。 とはいえ、中古市場を含めればまだまだしばらくはIntelベースのMacが主流となる...

 
iMac 27インチ2020モデルは最大10コア(!)のCore i9プロセッサーを搭載できるのでハイパフォーマンスなMacを入手したいと方はCore i9モデルの選択もありでしょう。

 

27インチモデルはメモリ交換はもちろんユーザーで可能。しかも128GBまで増設可能に。

iMac 27インチモデルはメモリが最大128GBまで増設が可能です。

 
もちろん2020モデルもユーザーが自分でメモリ増設が可能です。

27インチiMacにメモリを取り付ける
27インチiMacのメモリを交換する手順を説明します。

 
そのためメモリは8GBで購入し自分で交換するほうがお得でしょう。ちなみにメモリ周波数は2666 MHz、DDR4メモリの規格です。

 
参考記事

iMac 5K 2017をメモリ(RAM)を48GBにアップグレードしました。
iMac 5K 2017モデルのメモリ(RAM)を24GBから48GBにアップグレード。メモリ交換の方法だけでなく、2017と2019のメモリの違い、トラブルの解決方法、NVRAMリセットについても記述する。
iMac 27インチ5K 2017年モデルのメモリ交換と静電気対策
iMac 27-inch 5Kを入手すると同時にメモリを増設したのでその手順と、静電気対策について書きます。メモリ本体は静電気に非常に弱いため、組み込むときに十分注意が必要です。 私は静電気対策としてリストストラップを接地して用いまし...

 

ディスプレイにオプションが追加

iMac 2020はディスプレイに、「Nano-textureガラス」を選択できるようになりました。

 
「Nano-textureガラス」に関しては下記がAppleのサイトからの引用になります。

 

iMacには標準ガラスとNano-textureガラスが用意されています。どちらも極めて低い反射率を追求して作られているため、作業環境に応じて、あなたにぴったりなオプションを選べます。
光を制御しにくい環境で作業する方には、Nano-textureガラスを使った革新的なマット仕上げのオプションがおすすめです。標準的なマット仕上げのディスプレイでは光を散乱させるコーティングを表面に加えるのが一般的ですが、こうしたコーティングはコントラストを下げ、不要なかすみや輝きを引き起こします。一方iMacでは、Nano-textureを実際にナノメートルレベルでガラスに彫り込みました。そのため、コントラストを保ちながら光を散乱させて映り込みを最小限に抑えられる、美しい画質を持ったスクリーンが生まれました。

 
上記引用: https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/imac/27-インチ-3.8ghz-8コアプロセッサ(turbo-boost使用時最大5.0ghz)-512gb#

 
簡単に言えば、画面の反射率を下げて画面が見やすくなるということです。2年間標準ディスプレイでiMacを使ってきましたが特に問題ないので、標準でも良い気がしますが。。これは実物を是非見てみたいですね。

 

買うなら断然27インチモデルがおすすめ

作業効率性と、メモリ増設ができることパフォーマンスを考えるとやはり27インチがおすすめです。8GBメモリ搭載の27インチモデルを購入して自分でメモリを増設するのが1番コスパが良さそうです。

 

Apple Storeで買う意味はあまりなくなってきた。

SSDが標準で搭載されるということで、ヨドバシカメラなどのApple Store以外で購入してそのポイントでApple Careをつけるなり、アクセサリーを購入する方が良さそうです。

 
繰り返しますが、今まではSSD搭載のためにApple Online StoreでCTOで購入する必要がありました。しかし、SSDがiMacに標準装備されるということで、特に27インチはApple Online Store以外で購入する選択肢もありますね。

この記事を書いた人
まきし

2014年よりWebサイト「ご注文はMacですか」を運営しています。

Apple製品を中心に今年の5月からはほぼ毎日更新中。iMac 5Kがお気に入り。

本職は自動車の仕事しておりクルマも好き。好きな車は日産リーフ。

Mac
シェアする
ご注文はMacですか?