iMac 5K 2017レビュー、今まで使ったMacの中でも最高の一台

購入したモデル

IMac5k 1

画像引用: https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/imac/27インチ

 
iMac 5K 2017はMacBook Pro 15-inch Late 2013からのリプレースとなります。(まずはこちらをお読みください: MacBook Pro 15インチからiMac 5K 27インチに乗り換えて感じた3つのメリット

 
構成は最上位モデルを選択し、ストレージを標準のFusion Drive 2TBからSSD 512GBに変更、付属品のMagic Mouse 2をMagic Trackpad 2に変更しています。さらに、自分でメモリを24GBに増設して使っています。

 
iMac 27インチのメモリ増設について: iMac 27インチ5K 2017年モデルのメモリ交換と静電気対策

Macのスペックについて: Macのスペックの意味: CPU/メモリ/ディスプレイ/ストレージ/グラフィック

 


デザイン

IMac5k 5

iMacは2012年モデルから薄型化と軽量化が実施されており、iMac 5K 2017でも引き続き同じデザインを採用しています。正面は段差が無いフラットな16:9のディスプレイでとてもシンプルです。アルミニウムのシルバーとスリープにしたときの液晶の黒い面を組み合わせた存在感は、インテリアとしても部屋にマッチします

 
IMac5k 4

側面と背面を見ると、弧を描いたようななめらかなフォルムになっています。iMacは電源ケーブルを差し込むだけですぐ使えるので、一般的なデスクトップと比較してもケーブルの数が少なくて済むのも特徴です。

 
IOは、Thunderbolt 3 (USB-C)が2系統、USB-Aポートが4系統、SDCXカードスロット1系統、ギガビットEthernet端子1系統、そして3.5mmのヘッドホン端子を装備しており、拡張性が高くオーディオ機器や外付けのディスプレイ等との接続も容易です。

 
私はEV2450とHDMI接続でデュアルディスプレイで利用しています。USB-C-HDMI変換アダプターはAnker USB-C & HDMI 変換アダプターを使っており、デュアル環境で1ヶ月ほど使っていますがアダプタ自体発熱はほとんど無く、とても快適です。

 

音質

iMac 5Kの意外な特徴としてそのスピーカーの音質の良さです。Appleの仕様のページにはステレオスピーカーとしか書かれていませんが、音楽鑑賞にも十分使えるスピーカーです。

 
特に高音域の響きが良く、ピアノ協奏曲のようなクラシックで気持ちよく聞けるので外部スピーカーは基本的に必要ないかと思うほどです。これは嬉しい誤算でした。

 

表示品質

LG製の5Kディスプレイを採用しており、明るさを最大にするととても明るいディスプレイです。Magic Keyboardのファンクションキーで手軽に明るさを変えられるのでお好みに調整しましょう。

 
こちらの記事、https://michinoku-oku.com/imac5k_vs_adobe_rgb/によるとAdobe RGBには色再現度では色域の広さで劣っていますが、それでも一般的なディスプレイと比較しても広い色域をカバーしています。

 
以前使っていたMacBook Pro 15-inch Late 2013と比較してもディスプレイの発色が良く、写真アプリやPhotoshopで利用するときに快適です。

 
また、Apple独自のフルラミネーション技術により液晶の空気層が少ないためグレア液晶にもかかわらずほとんど眩しくありません。MacBook Proと比較しても「見易さ」はかなり良くて長時間の用途にも向いています。

 
もちろん液晶解像度5120×2880のRetinaディスプレイの表示品質は素晴らしく、Webのタイポグラフィはもちろん、写真アプリの写真を美しく滑らかに描写しております。

 

Adobe Photoshop CC

IMac5k 2

5Kディスプレイのメリットを活かし、Photoshopのツールをいっぱい置いても余裕です。画像編集の効率が上がってとても助かっています。

関連記事: 【ごちうさのコーディネート】ご注文はうさぎですかを「色」で分析してみる。

 

Microsoft Office

IMac5k 3

例としてMicrosoft Wordを3つ並べてみました。3つのウィンドウを並べても余裕なので、ExcelとPowerPointを同時に開いたり、A3サイズのファイルを開いても快適に編集できます。5KはOfficeを使う上でもとても快適です。

 

処理速度

CPUは14nmプロセスルールのKaby Lake世代Intel Core i5 3.8GHz(4コア/4スレッド)を、グラフィックはRadeon 580 VRAM 8GBを搭載しています。

 
私のMacの用途はウェブサイトの記事作成、Adobe PhotoshopとIllustratorでのグラフィック作成およびMicrosoft Officeによる資料作成等ですがとても快適に動作しています。 以前のMBP Late 2013と比較してもアプリケーションの起動が速く、Radeon 580 VRAM 8GBの恩恵でPhotoshopの処理速度が上がっておりとても快適です。

 
処理速度はSSDに変更した効果も大きく、HDD独特の駆動音もしませんのでとても静かです。処理に余裕があるときはほとんど無音です。iMac 5KはFusion Driveが標準ですが、私の意見として熱がこもりやすい液晶一体型のiMacは、SSD+HDDのFusion Driveと比較してパーツ数が少ないSSDを推奨しています。

 

iMac 5K 2017まとめ

今までMacBook Air、MacBook Pro Retina、MacBookそして4台目にiMac 5Kを、MacBook Pro 15-inch Late 2013からのリプレースとして入手しましたが、その中でも最高の一台です。結論としては買って本当に良かったと心から思っています。

 
27インチは大きすぎるのでは?と懸念していましたが、視力の低い私でも快適に使えています。他にもキーボードやマウスなどのアクセサリーを好きなものに変更できる拡張性の高さもメリットでしょう。MacBook Pro 15インチと比較検討される方が多いかと思いますが、家でしか使わないのでしたらiMac 5Kを推奨しています。とても満足度が高い製品でしたので大切に使っていきます。