Apple、iPad Air 第4世代 2020年モデルを発売。フルモデルチェンジですね。

iPad

Appleは日本時間2020年9月16日午前2時からの発表会で新型の「iPad Air第4世代、2020年モデル」を発表しました。これはフルモデルチェンジと言っていいほど進化しております。

関連リンク

iPad Air
新しいiPad Airは、オールスクリーンのデザイン。10.9インチのLiquid RetinaディスプレイとA14 Bionicを搭載し、いろいろなアクセサリに対応。5つの仕上げから選べます。

 

iPad Air第4世代の特徴

iPad Air第4世代の最大の特徴としては、そのベゼルレスデザインでしょう。液晶サイズは10.9インチと旧モデルより拡大し、ホームボタンレスのデザインを採用しています。

 
また、ホームボタンによるTouch IDではなく、スリープボタンに指紋センサーを内蔵することでスマートにアンロックできます。これが解禁されることでマスクをしながらの認証も楽になるのは大きいでしょう。

 
スリープボタンに指紋センサーを内蔵するのはApple製品のモバイルデバイスとしては初採用ですね。このテクノロジーが他のデバイスにも継承されていくのは間違いないでしょう。

 

画面以外も大きく進化しました。

チップにはAppleの新開発のA14チップを搭載。これで性能はiPhone 11シリーズを超え、よりパワフルになりました。プロセスルールは5nmと素晴らしいです。ここまで微細なCPUが作れるのアームとAppleの研究の賜物だと思います。

 
IOは待望のUSB-Cコネクターを採用しており、PD充電とLightningよりも高速のデータ通信が可能になりました。また、Apple Pencil 2やMagic Keyboardにも対応することで、トラックパッドも使えることになったは大きなポイントです。これはいいですね。

 

カラーは5種類・お値段はリーズナブル

カラーバリエーションは5種類を選べるようになりました!これはiPad初です。

 
さて、お値段はどうでしょうか。iPad Airの新型はストレージのラインナップが64/256GBを選べ、それぞれ62800/79800円となっております。(セルラーモデルは+15000円のオプション)

 
値段に関しては最新モデルとは言え、これだけ抑えたのはさすがだと思います。iPad Proと機能的にはあまり変わらないので、iPad Proよりも正直iPad Air 4世代をおすすめしてしまいそうです。。

iPad Proの存在が微妙になるほどの仕様

今回のアップデートは一気にiPadのフラッグシップがiPad Airに移ってしまうのではないかというくらいのビッグアップデートです。iPad Proのメリットは超広角カメラやスピーカー、ストレージ容量、液晶のリフレッシュレート(Air 2020: 60 Hz. Pro 2020: 120 Hz)がアドバンテージです。

 
でも、iPadでできることはそれほどAirとProで明確な差は無いのでカメラやスピーカー、ストレージ容量の性能がProほど必要なければ今回のiPad Air 第4世代は買いであると言えるでしょう。

 
※本エントリーの画像はhttps://www.apple.com/jp/ipad-air/より引用