iPad Pro 11インチ2020モデルのカバーにおすすめ: Apple Smart Folioレビュー

iPad

iPad Pro 11インチを購入したときに迷うのがケース選びです。高価なiPad Proの保護に僕はApple Smart Folioを購入しました。

 
Apple Smart Folioを購入した理由として、Apple純正品のためカメラ保護部も含めて完璧な寸法であることと、使用していて手触りがよく心地よくiPadを持ち運びできることです。

 
今回の記事では、iPad Pro 11インチを保護できるApple Smart Folioをレビューしていきましょう。

 
参考記事

iPad Pro 11インチ(第2世代)2020モデルレビュー。第1世代2018モデルからの買い替え。
どうもまきしです。3月にiPad Pro 11インチの第2世代(2020モデル)を購入しました。iPad Pro 11インチは第1世代(2018モデル)を持っていましたが1年と半ほどで買い替えました。 発売と同時に注文をして1ヶ月...

 

iPad Proに完璧にマッチするサイズ感

私が購入したカラーは「サーフブルー」です。青のストロングトーンくらいの明るく濃いブルーでとてもきれいです。サイズもさすが純正品というくらい完璧で隙間なくピッタリとフィットします。

 
ヒンジ部分を表示。側面がアルミニウムボディがむき出しとなるので、少し扱いには気をつけましょう。

 
背面を表示してみます。iPad Proは2018モデルから背面にマグネットを装着しているため、カバーの金属でずれないようにぴったりとくっつきます。

 

Appleロゴのエンボス加工が素晴らしい質感

純正ケースにしか許されていない背面に配置されるAppleロゴのエンボス加工が素晴らしいです。触ると深すぎず浅すぎず心地よい適度な凹みがありますね。この辺りの精度はさすが純正品です。

 

カメラ周りの切り抜き精度が完璧

iPad Proの美しい2眼+LiDARスキャナーをきちんと保護するだけでなく、カメラ周辺に微妙に段差をつけてデザイン性もアップしてます。これはかなり格好いいですね。

 

カバーをめくると即スリープから復帰

液晶側のカバーをめくると即スリープから復帰するのですぐに使うことができます。さながらMacBookのようです。もちろんカバーをしている状態ではスリープとなりバッテリーの寿命を伸ばしてくれます。

 

絶妙な角度で読書やタイピングができる。

iPad Proをケースで立て掛けててみました。横から見るとこのくらいの角度でちょうどよく読書やタイピングができますね。

 
正面から見たときはこんな感じです。ご覧のようにKindleの電子書籍も心地よく閲覧できますね。読書をしたい方にはほんとApple Smart Folioをおすすめしたいです。

 

Apple Pencil 第2世代をSmart Folioを装着している状態で固定してみた

Apple Pencil 第2世代もiPad Proに固定してみました。さすが純正同士サイズはピッタリでストレスなくApple Pencilを脱着できて良きです。

 

あとがき

iPadはこれで4台目ですが今まですべてAppleの純正品を使ってきました。理由としては10インチ近い液晶やボディを絶対傷つけたくない思いがあり大切にかつアクティブに使いたいためです。

 
確かにApple Smart Folioの価格は1万円近くと、カバーとしてはかなり高額な部類に入りますが、本体がかなり高価なiPad Proを長く大切に使いたいという方にはおすすめしたいカバーですね。おすすめです。