みずほ銀行のキャッシュカードの暗証番号を忘れてロックされてしまった時の対処方法

ライフスタイル

どうもまきしです。今年のゴールデンウィーク前に事件があったので備忘録も兼ねて暴露します。。なんとメインバンクであるみずほ銀行のキャッシュカードの暗証番号を忘れてしまい、何度か入力を繰り返すとカードがロックされてしまう事件がありました。

 
原因としては、セキュリティのためにパスワードを変更したあと数ヶ月現金を下ろさなかった時期(普段すべてキャッシュレス決済なので)があり、久しぶりに現金を下ろそうと思ったら変更したパスワードをど忘れしてしまったのです。

 
今回はみずほ銀行のキャッシュカードのパスワードを忘れてしまい、かつカードがロックされてしまったのでその後とったアクションについて書きましょう。

 

暗証番号を間違え続けるとカードがロックされる

ATMでお金を引き出すときに、一定の回数(5-6回)以上誤った暗証番号を不正利用防止のためカードが使用できなくなります。これがロック状態です。

 
このときATMの画面に、「このカードは利用できません。窓口にお問い合わせください」といった旨のメッセージが表示されます。

 

対処法方法と持ち物

対処方法はみずほ銀行の窓口に行くしかありません。下記の持ち物を銀行に持っていってください。

  • キャッシュカード
  • 登録した印鑑
  • 通帳
  • 運転免許証・健康保険証などの本人確認書類

 
※参考情報

暗証番号を忘れた・変更したい | みずほ銀行
キャッシュカードやみずほダイレクトなどの暗証番号をお忘れの際や変更のお手続き方法についてご案内しています。

 

みずほ銀行のお店についたら

工員さんに、「キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまい、アンロックしたい」と伝えましょう。その後申込用紙に、住所・指名・記入日・口座情報を記入し、押印をします。

 
申込用紙に、「暗証番号の照会」と「カードのアンロック」の項目があるので2つとも丸を書いて選択しておきましょう。その後窓口で暗証番号4桁を教えてもらえ、さらにカードがアンロックされます。

 
※暗証番号の変更はATMでできますので、キャッシュカードをATMに入れて設定しましょう。このとき忘れない番号に変更しておきましょう。