iPhoneの「飛行機モード」の使い方

iPhoneには「飛行機モード」という設定があります。コントロールセンターからON/OFFすることができます。今回は「飛行機モード」の使い方を書きたいと思います。結論として用途は、電波を遮断する、ネットワークのリセット、電池消費を極限まで抑える等が挙げられます。

 
飛行機モードの使い方-1

 

 
「飛行機モード」をONにすると、携帯電話の電波を送受信しなくなります。これで一切の着信等が遮断されますので、例えば電車の中でも電波をOFFにしたいときに有効です。マナーモードと違い、ネットワークを遮断するのでオフラインでiPhoneを使用できます。iPhoneのバッテリーの消費はネットワークの通信も大きいので、飛行機モードをONにすることで少しでもiPhoneのバッテリーを伸ばすことができます。(もちろんセルラー通信はできませんが、オフラインの音楽アプリや写真アプリ、Kindleなどは使えます。)

 
飛行機モードの使い方-2

 
また、ネットワークのリセットにも有効です。これのメリットはiPhoneの電波のつかみが悪いときに飛行機モードをON/OFFすることでネットワークをリセットして高速の4Gをつかむことができる場合があります。電波が悪いな〜と思ったら飛行機モードを利用してみてください。以前に記事を書きましたのでこせ参考に。iPhoneの電波が悪いとき(1x)は飛行機モードを使おう。

 
おまけですが、飛行機モードをONにしてもWi-Fiは接続できます。これを利用するシチュエーションは、外出先でネットワーク制限の関係でセルラーネットワークは使いたくないけど、Wi-Fiネットワークだけ使いたいときに便利です。

 
飛行機モードの使い方-3

 
あとがき

 
飛行機モードはほとんど使うシチュエーションは思い浮かびませんが、実は意外と使い道があるのですよね。特にiPhoneのバッテリー残量が少なくてピンチのときに役に立つので覚えておいて損はないでしょう。

よろしければシェアお願いします!