マスクをしたときのiPhoneのFaceIDによるアンロックが楽になる「iOS 13.5」がリリース

iPhone

どうもまきしです。本日iPhone向けの最新のOS、iOS 13.5とiPad Pro向けの最新OS、iPadOS 13.5がリリースされました。内容としてはマスクを顔につけたままFaceIDでiPhoneをアンロックできなかったときに、すばやくパスコード入力ができるようになるというもの。

 

 
他にも新型コロナウィルス感染症を追跡するAppに対応するAPIの追加と、FaceTimeの機能追加、さらにバグ修正も含まれています。

 

実際にマスクを着用して、iPhone XとiPad ProのFaceIDを試してみた

では実際にマスクを着用してiPhone Xのアンロックをトライしてみましょう。いつもどおり、画面の下から上にスワイプすると。。

 
FaceIDで認識できないとシステムが判断すると即パスコードロック解除画面に遷移しました。

 
iOS 13.4.1以前では、FaceIDの認証に失敗すると。「何度かFaceIDの認証を繰り返ししばらくするとパスコード認証が表示される」という仕様でした。

 
ですが今回からiOS 13.5からはマスクをした状態でFaceIDに認証が失敗しても、パスコード認証がすぐに表示されるので地味にiPhoneのアンロックが楽になりましたね。

 

iPad Pro 11-inch (第2世代)のパスコードロック解除が楽に

iPad Proの11-inch (第2世代)でも、マスクを装着してFaceID認証に失敗するとすぐにパスコードロック解除画面が表示されるようになりました。これも便利になりましたね。

 
関連記事

iPad Pro 11インチ(第2世代)2020モデルレビュー。第1世代2018モデルからの買い替え。
どうもまきしです。3月にiPad Pro 11インチの第2世代(2020モデル)を購入しました。iPad Pro 11インチは第1世代(2018モデル)を持っていましたが1年と半ほどで買い替えました。 発売と同時に注文をして1ヶ月...

 

iOS 13.5に対する所感

iPhone XでFaceIDという認証システムがリリースされて2年半ほど経ちますが、マスクをした状態でのアンロックが非常に不便でした。しかし、今回iOS 13.5でようやく動作が改善されたたのは地味に大きなことだと思います。

 
それだけ世界中でマスクの装着率が大幅に上がったということですね。

 
。。。早く新型コロナウィルスが収束して、いつもどおりの日常を過ごしたいのものですね。