iPhone 12が5Gに対応する意味: ようやく5Gが加速し始めるか?

iPhone

iPhone 12シリーズが本日10/14、日本時間の午前2:00からのKeynoteで発表されました。iPhone 12シリーズは下記のラインナップから構成されます。

  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro MAX

 
これらのiPhoneはすべて5Gに対応します。5G対応のiPhoneは初ですね。ようやくiPhoneも5Gに対応しました。

iPhone 12に搭載予定の5Gとはなにか。4Gとの比較も含めて解説
何かとここ数年話題の5G(5th Generation)。超ざっくりいうと、2020年現在主流の4Gより数倍通信速度が早く、ラグがかなり短くなることが特徴で今後主流になっていく通信規格です。 今回の記事は以前話をした次世代Wi-F...

 
さて、今回のiPhoneのハード的なスペックは別記事で取り上げるとして、今回の5G対応で何が変わるのか?今回はそれを記事にしたいと思います。

 

5Gのインフラ加速が進みそう。

日本だけの話ではなく、北米や中国も含めて話をしましょう。5Gのインフラが整うには、ユーザーにとって魅力的な5G対応のハード(スマートフォン)とサービスが必要です。

 
今までAndroidの各メーカーも5Gには対応してきましたが、やはりスマートフォンでのボスと言えばiPhoneです。iPhoneが5Gに対応することで5Gを活かしたサービスの開発が進み、キャリアは5Gがより広いエリアで使えるようにインフラの整備が進むでしょう。

 
Apple側の立場からすれば、iPhoneで大きな収益を得ている以上各国のキャリアと連携し5Gインフラの加速が進むように、「iPhone 12シリーズを売りたいからキャリアにウリの5Gのインフラ整えてね。」とも言いやすくなります。

 

日本での5G拡大を期待

一方、ここからは日本にフォーカスを当てた話をします。日本の5Gの普及状況はまだまだ黎明期です。

 
auのサイトでエリアマップがご覧いただけますが、私が住んでいる神奈川県はほぼ壊滅でまだまだ都内に5Gのエリアが集中していることがわかります。※下図は横浜エリアの5Gエリア。赤い丸のところが利用可能。

 極論を言えば、5Gが利用できるエリアは2020/10/16現在都内や大阪などの大都市に限られています。つまり、iPhone 12シリーズの1番の売りである5Gが日本では(特に地方では)生かせない可能性が高いのです。

 
もちろんキャリア側としても5Gは順次拡大しているので、例えば数年後は5Gをもっと気軽に楽しめる場合もあります。だけど、iPhoneを5Gのために買う!という気持ちが日本で持てるかはは少し疑問かなあと思いますね。今後もっとインフラが整ってくれることを祈ります。