【GO TOトラベル】地域共通クーポンの使いかた

ライフスタイル

2020/10現在、国が行なっているgo toトラベルキャンペーンですが、宿に泊まると「地域共通クーポン」が配布されることがあります。

 
今回の記事は、このクーポンの使いかたを紹介していきましょう。写真は群馬に旅行に行った時にもらったときのものです。

 

そもそも「地域共通クーポン」とは何か

GO TOトラベルのサイトから下記引用すると、

旅行代金の15%相当額を地域共通クーポンとして、旅行者に配布します。
(1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンを付与)します。)
旅行先の都道府県+隣接都道府県において、旅行期間中に限り使用可能です。
紙クーポン、電子クーポンの2種類があり、お釣りは出ません。
旅行業者・宿泊事業者より配布します。

引用: https://goto.jata-net.or.jp/coupon/

 
つまり、旅行代金の一部がクーポンとなり、泊まった先で使って経済を回してね。ってこと。しかも有効期間は旅行期間中のみなので、お土産を惜しみなく買っていきましょう。

 

「地域共通クーポン」はどこで使えるのか。

Go toトラベルのサイトにアクセスすると、使えるお店の場所がブラウザ上のマップに表示されます。これで探すのがおすすめです。

 
実際のお店にも「地域共通クーポン使えます」というポスター?があるので、実際現場でもわかりやすいです。支払う前に、お店の人に「地域共通クーポン使えますか?」と確認するのもいいでしょう。

 

地域共通クーポンを使ってみて

宿に泊まるとクーポンがもらえてお土産代はほとんどかかりませんでした。この取り組みは打撃を受けた観光地を応援するものなので、使うと観光地のお店の応援になります。旅行でもらったらぜひ活用しましょう。