私がMacでJISキーボードを使用する3つの理由

私のMacBook ProはCPUをアップグレードしたカスタムしたモデルですが、キーボードはJISキーボードに指定しました。日本のアップルオンラインストアではMacを注文するときに、JISキーボードか、USキーボードかを選択することができます。USキーボードにカスタムして注文されることが多いようですが、私はあえてJISキーボードを選択しました。

 

JISキーボードを使用する3つの理由

 
Mac-JISキーボード

 

Windowsのキーボードとの操作性を統一

 
私はWindows xp時代のノートPCからJISキーボードを使用しており、会社でもJISキーボードをメインに使っています。JIS配列に慣れてしまいました。

 
個人的な感想では、USキーボードはEnterキーが打ちにくくどうしても少し使いにくい感じがしてしまいます。iPadの入力はオンスクリーンキーボードのUS配列ですが、日本語入力のタイピングはJIS配列のほうが速いと思います。

 

「かな入力」派なのでJIS配列が必要

 
私はローマ字入力ではなく、「かな入力」派です。私はブラインドタッチができるほどタイピングが得意ではないので、JISキーボードのひらがながプリント必要です。

ローマ字入力の人はUSキーボードにひらがなのプリントが無い分、Macの見た目がすっきりするので、見た目でUSキーボードを選択するのも十分にありですね。

 

JISキーボードにはIME変更のトグルキーがある。

 
私はMacのIMEにGoogle日本語入力と、USキーボードの2種類をセットしています。JISキーボードにはIME変更のトグルキーがあり、「かな」キーを押すことでGoogle日本語入力に、「英数」キーを押すことで、USキーボードに切り替えることができます。

 
Mac-JISキーボード-2

 
あとがき

 
JISキーボードはかな入力派には便利であり、トグルキーが使用できるのが大きなメリットですね。

よろしければシェアお願いします!

2 件のコメント

  • 私もかな入力、かなキーボードです
    ことえり、Yosemite日本語入力だと英数キー二度押しが快適です

    • 匿名さんどうも

      かな入力だとJISキーボードが使いやすいですよね。
      日本語の入力はかな入力で慣れると色々と楽です。