1ヶ月使ったMacBook 12-inch Early 2016レビュー

先月購入したMacBookの Early 2016のレビューを書きたいと思います。外出先で快適にMacを使うことを目的に購入し、休日にカフェなどに持ちだしてバリバリブログ書きなどの作業に使っています。8月のブログの記事はほとんどMacBookからのエントリーとなっているほど気に入っており、休日の相棒として活躍しています。今回は1ヶ月使ったMacBook Early 2016のレビューを書きたいと思います。

 
私が入手したモデルは店頭販売されているCore m3/256GBをベースにCTOにてCore m7のCPUにアップグレードしています。以下にハードウェアのスペックを載せておきます。

 
MacBook Early2016 レビュー 1

 
Core m7にアップグレードした理由としては、3年以上メインのモバイルデバイスとして利用するつもりだったのでなるべく永く快適に使いたかったことと、決して安い買い物ではないので、購入した後に後悔したくなかったためです。

 
1.デザイン:コンパクトかつ軽量。持ち運びに最高の軽快さ

 
本体は920gというMacBookシリーズ最軽量の重量となっており、持った感じとしては金属ボディでずっしりしていますが、とっても軽い不思議な感じです。15インチのMacBook Proと並べてみましたが、一回り小さいことがわかり、とにかくコンパクトサイズに仕上げています。これで本当に12インチ?と思うくらいコンパクトです。

 
MacBook Early2016 レビュー 2

 
また、本体の薄さに驚愕します。これが本当にパソコンなの!?と驚くほど薄いボディです。MacBook ProとMacBookを並べてみるとその差は歴然としています。MacBookのカラーはシルバーを選択しました。これは2台のMacと並べた時に非常に統一感があってとても気に入っています。

 
MacBook Early2016 レビュー 3

 
iPad Air 2と並べてみました。こちらの方が薄さに関してはわかりやすいと思います。iPadの方が薄いもののかなりいい勝負をしていると思います。このサイズゆえにかばんへサクッと出し入れがしやすいのが大きなポイントです。

 
MacBook Early2016 レビュー 4

 
背面の林檎マークは従来の液晶のバックライトで白く光るものではなく、現在のiPhoneのようにリンゴ型の銀色になっています。少しでも薄くするためと強度向上のためと思いますが、私としては白く光るかCTOで選べても良かったかなと。

 
2.バッテリー:実用時間7時間のバッテリー

 
この1ヶ月、自宅はもちろん、カフェや車内、実家、新幹線の中など様々な場所に持ちだして使いました。アプリはSafariとTweetbot、Evernote、iTunes、Mailを常に起動し、たまにPhotoshopやMarsEditやMicrosoft Office等を起動しています。この環境でバッテリーの実用時間はだいたい7時間くらいは持ちます。私は使用中バッテリー駆動で使用し、バッテリーが減ってきたら充電するスタイルで使用しています。写真のようにUSB-Cで充電できるのが特徴です。USB-Cはリバーシブルなのもポイント。

 
MacBook Early2016 レビュー 5

 
USB-Cのコネクタで充電できるので、サードパーティー製の電源アダプターやケーブルを充電デバイスとして利用できることもメリットです。USB-Cが1つしかないのでUSB-AやLightningコネクタ、HDMI等を使用するにはアダプターが必要となります。

【レビュー】Anker USB-C対応USB 3ポート+イーサネットハブ

2016.07.31

【レビュー】MacBookユーザーにおすすめ:Anker PowerPort+ 5 USB-C対応急速充電器

2016.07.29

 
3.ディスプレイ:とっても綺麗なRetinaディスプレイ

 
MacBookのメリットとしてはiPhoneやPad、MacBook Pro Retinaなどと同様Retinaディスプレイ(Screen resolution:2304×1440)を搭載していることにあります。普段愛用しているMacBook Pro Retina 15-inchと同等品質の表示で、文字の滑らかさや写真の綺麗さはとっても素晴らしいです。写真を外出先で確認したり、文字を見続ける作業が楽しくなります。表示領域も最大1440×900までスケーリングできるのがRetinaディスプレイの利点でもあり、好みの作業領域を選べます。

 
MacBook Early2016 レビュー 6

 
4.パフォーマンス:実用に問題のないプロセッサーパワー

 
MacBook Early 2016はSkylake世代の1.3GHz Core m7プロセッサー(2コア4スレッド)を搭載し、8GB 1866MHz LPDDR3を搭載しています。ベンチマークはこちらの記事を参考にしましたが、MacBook Air 13インチEarly 2015に迫る性能の模様です。

 
アプリケーションの使用感として、Microsoft Excel for mac 2011を使用したとき、WindowsのOffice 2013からインポートして開いたときにもたつくのが少し気になりました。Officeの互換性の問題なのかもしれませんが、アプリやファイルによって相性はありそうです。

 
SafariやEvernoteでしたらサクサクと動作し、iPhoneの12Mの写真程度の画像であればPhotoshop CS6の動作も特に問題ないです。もちろんOS X El Capitanで使用しているので、Photoshop CS6とIllustrator CS6はトラブル無く動作しております。これにより私のメイン用途である外出先で文章の作成、画像の編集・加工などブログの記事を一貫生産できるのが嬉しいです。SSDの恩恵もあり、全体的に快適な動作でストレスは殆ど無く、軽い作業ならメインのMacとしても問題ないと思います。

 
動画編集などのヘビーな用途にはまだ使用していないのですが、そちらはMacBook Proに任せるとして、用途を絞ればかなり快適にパソコンとしての作業を外出先でフルでできます。

 
5.キーボード:バタフライ構造で独特の打鍵感

 
後で別記事にしますが、MacBookはバタフライ構造のキーボードを採用しています。写真のように非常に薄く、かなりキーの押し心地は浅くなっています。はじめは板を叩いているような感覚でしたが、数時間使うと慣れます。(MacBook-デザイン)

 
MacBook Early2016 レビュー 7

 
MacBookの水平方向に枠いっぱいの面積を持つキーボードとなっているので、予想外の場所にキーがあり、“tab”を入力しているつもりが、間違って“Q”を入力してしまうときもありましたが、これも慣れで解消しました。とても軽い力で入力できるので、結構気に入っています。

 
あとがき

 
外出先でガンガン使うために購入したMacBook。予想以上のパフォーマンスとOS Xの使いやすさで満足度の高いプロダクトとなっています。MacBook Airと比較すると高額な商品ですが、パワーはMacBook Air並と十分なので、通常の用途では困ることはありません。圧特筆すべきは倒的なコンパクトさでどこにでも持って行きたくなります。Macを常に手元に置いておきたいユーザーには最高のプロダクトです。

 
気になるであろうファンレスの発熱に関しても、底面がほんのりあたたかくなる程度と、膝の上に乗せても安心して使えています。とても贅沢な製品ですが思い切って買って良かったです。これからも大切に使っていきたいと思います。

よろしければシェアお願いします!