Mac

MacBook Pro 16インチ(2020)とiMac 5K 27インチ(2019)ではどちらを買えば良いのか。

AppleのPCのMacで高性能機が欲しいと思うと、MacBook Pro 16インチ(2020)iMac 5K 27インチ(2019)が挙げられるでしょう。両方も価格が30-40万円ほどとかなり高価なものの、お金を貯めれば入手可能な範囲と言えるでしょう。

 

まきし
iMac 2020モデルが発売されたので、iMac2019よりも2020の購入検討をつよく勧めます。

 
※Mac ProとiMac Proは超高性能のハイエンドですが、価格が非常に高いので今回の対象からは除きます。

 
今回は、MacBook Pro 16インチ(2020)iMac 5K 27インチ(2019)を比較してどちらが良いのか購入を迷っている方のために、iMac 27インチとMacBook Pro 15インチ両方を使ってきた私からそれぞれのメリットを書いていきましょう。

 

MacBook Pro 16インチ(2020)とiMac 5K 27インチ(2019)のスペックを比較

MacBook Pro 16インチとiMac 5K 27インチの比較表を作ってみました。下記のようになります。

 
CPU性能やグラフィックスの性能はMacBook Pro 16インチとiMac 27インチともにほぼ同じ性能となります。メモリに関してはともにDDR4 2666MHz搭載かつ、64GBまで搭載できるので動画編集や画像編集、サイト作成などさまざまな用途で使えるようになりました。

 

iMac 5K 2019のメリット

実はコスパが良いのは、iMac 5Kの方です。下記にメリットを書いていきましょう。

画像引用: https://www.apple.com/jp/imac/

 

メモリが自分で交換可能だから、長く使える。

Macを買い換えようと思うタイミングは、メモリスワップが多くなってメモリが足りなくなったり、処理能力が遅くなったりなどが挙げられます。その中でもiMacのメリットは購入後に自分でメモリ交換ができることです。

 
Amazonでメモリが安く購入できるので、AppleのCTOよりはるかに安くメモリのアップグレードができます。私のiMac 5K 2017は購入時にメモリ8GBで購入し、その後メモリ48GBにアップグレードすることで2020年の今でも超快適に使えています。

 

5K 27インチディスプレイの広大な作業エリアが作業効率を上げる

iMac 5K 27インチの最大のメリットはその広大な表示エリアでしょう。特に動画や画像編集では表示エリアが広いほど作業効率が上がるので、動画や画像処理を効率よくじっくりやりたい場合にはiMacをおすすめしたいです。

 
iMac 5Kは2年ほど使ってきましたが、何をするにもすごく効率的なので持ち運ぶことを一切考えない、またはMacBook AirやiPad Proなどのサブ機を持っている場合にはメイン機としてはiMacをおすすめしたいです。

 

iMac 5KのストレージはSSDをおすすめ

iMac 5K 2019モデルの最大の欠点が、CTOをしていない場合ストレージがフュージョンドライブとなっており、iMacのパワフルなCPUやグラフィックスを活かしきれません。そのため、Apple Online StoreでフュージョンドライブからSSDにカスタムすることをおすすめします。※iMac 2020モデルはSSD標準装備です。

 

MacBook Pro 16インチ 2020のメリット

MacBook Pro 15インチモデルを4年ほど使っていましたが、こちらもかなりの高性能なので持ち運べるデスクトップパワーのMacですね。

画像引用: https://www.apple.com/jp/macbook-pro-16/

 

MacBook Pro 16インチの売りはどこでもデスクトップPCレベルのパワーを持ち運べること

出張先で作業をしたり、リビングなど別の部屋に持ち込んで家族と話しながら動画や画像を編集したり、仕事に持っていったりと幅広い場面で快適にMacを使えるのがMacBook Pro 16インチの最大のメリットですね。

 
グラフィックスも最大AMDのRadeon Pro 5500MのVRAM 8GBを搭載できるため、映像編集で4Kクラスの映像を扱うのも苦ではないでしょう。

 

外部液晶ディスプレイと組み合わせてマルチディスプレイでMacを使える

MacBook Pro 16インチに装備されるUSB-Cポートを使うことで、外部ディスプレイと接続してデュアルディスプレイにしたり、クラムシェルモードでデスクトップのように使うことも可能です。

 
最近はUSB-C付きのディスプレイとUSB-CケーブルでMacBook Pro 16インチを接続することで液晶から電源の供給とMacからの映像出力を兼ねたシステムが今のトレンドとなっており、ノートパソコンと液晶を並べて置いてもデスクの上もスッキリできるのも魅力です。

 

MacBook Proは豊富なカスタムを用意

iMac 5Kと異なりMacBook ProはSSDが標準装備なので、カスタムせずに快適に使えるのが良いですね。また内蔵SSDは最大8TBまで、メモリは64GBまでCTOで盛り込むことができます。

 
これは例えば出先で映像を撮影し、そのまま現場で編集・アップロードまでをこなすことを想定しているのでしょうね。特に映像を撮影する場合には、SSDの容量はいくらあっても問題ないので必要な容量をユーザーが幅広い範囲から選べるのが良いですね。

 

Touch IDとTouch Barが使えるMacはMacBook Proだけ

Touch IDによるMacのアンロックが使えるのがやはりセキュリティ的にも便利だし、Apple Payにも使えるのでMacBook Proの特徴でしょう。賛否両論のあるTouch Barですが、自分好みにカスタムもできるのもいいですね。個人的にTouch Barはすごく好きです。

 

あとがき

私はMacBook Pro 15インチとiMac 5K両方を使ってきましたが、満足度が高いのはiMacの方でしたね。27インチの液晶サイズは何をするにも便利なので自宅での作業がメインな私としては、iMacのほうが好きです。

 
もちろんMacBook Proも持ち運べるデバイスとしてはかなり高性能なので、家より外出先での活用が多い方はMacBook Proがおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥220,000 (2021/07/24 08:08:48時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Mac
-, ,