iPhoneで撮影したムービーをMacに直接保存する方法.

今回の記事は,iPhoneで撮影したムービーをMacに直接取り込む方法を書きます.
iPhone 6/6 Plusから60フレームの1080pビデオや240fpsのスローモーションビデオが撮影できるようになりました.そのためiPhoneで撮影したムービーをMacで取り込んでiMovieで編集なんかもしたいと思っている方もいらっしゃると思いますので,記事にしてみました.


私の環境
MacBook Pro Retina Late 2013 (10.9.5)
iPhone 6 Plus(iOS8.1)


まずMacとiPhoneをLightningケーブルで接続し,OS Xの標準アプリ「イメージキャプチャ」を起動します.


iPhone-movies-capture-0


イメージキャプチャを起動すると,iPhoneで撮影した写真とムービーが全て表示されます.ここでは拡張子が”.mov”がムービーファイル,”.jpeg”が写真ファイルです.


iPhone-movies-capture-1


ここで取り込みたいファイルを選択し,右クリックで「インポートする.」を選択します.今回はムービーフォルダに保存しました.


iPhone-movies-capture-2


ムービーフォルダを確認すると,確かにムービーファイルが保存されています.もちろんMacでこのファイルを再生することもできますよ.方法は以上です.


iPhone-movies-capture-3


あとがき


6 Plusの60フレームのムービーは動きが極めて滑らかで面白いです.画質も5sより上がっています.6/6 Plusを買われた方は画面の大きさだけでなく,是非ムービー撮影も試されて下さい.きっと感動しますよー.ここ1年はApertureとPhotoshopばかり使っていたけど,これからはムービー編集もMacでやってオリジナルムービーを作ってみようかなー.